どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > 攻略

【BE】お手軽!湧きつぶし不要な非天空トラップタワー!...ができたのです。

2019.05.06(2019.01.21)

BE(PE)v1.11.0

BE(PE)v1.11.0でも、湧きつぶしをせずに、(非)天空トラップタワーを作ることも可能なのです。

この記事はBE(PE)v1.11.0向けなのです。Java版の天空トラップタワーに関しては、こちらの記事になります。

目次

※2019.03.22 - 関連記事を一つにまとめました。

  1. 1.参考ページ
  2. 2.【Ver1.11】変更点なのです。
  3. 3.トラップタワーを作る目的は『アイテム』なのです。
  4. 4.BE(PE)のモンスター湧き条件。
  5. 5.選べる2パターンのトラップタワー建設方法。
  6. 6.【地上設置タイプ】簡単な非天空トラップタワーを作ってみる。
  7. 7.【天空トラップタワー】の作り方。
  8. 8.稼働効率レポート
  9. 9.関連するプレイ日記

当ページ作成に当たり、以下のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

2.【Ver1.11】変更点なのです。

モンスターの湧き条件が、BE(PE)v1.11.0で大きく変わってしまいました。その為、トラップタワーに関しても挙動が大きく変わってしまっています。

3.トラップタワーを作る目的は『アイテム』なのです。

今回紹介するトラップタワーでは、『アイテム』(糸・ゾンビ肉・骨・矢・火薬)の取得を目的とするのです。特に、『火薬』はクリーパースポナーがない関係もあり、重宝するのです。

経験値に関しては、モンスターを貯められるスポナーを利用したトラップ or 野菜(カボチャ・スイカ)の大量売却の方が効率がいいことが多いのです。

4.BE(PE)のモンスター湧き条件。

BE(PE)v1.11.0での、モンスターの湧き条件は、こんな感じになるのです。

モンスターが湧く範囲


●実験場は右上1/4になります。実際は円状になります。

湧き範囲に高さ制限が追加。大きな変更点なのです。高さが離れるにつれて、水平方向の湧き範囲が狭まることから、52〜56マス程度の球状になっている可能性が高いのです。

モンスターが活動する範囲

モンスターなどのMOBが画面上に描写される距離は、おおよそ65マス程度までですが、実際にモンスターが活動する範囲は、シミュレーション距離で設定した距離なのです。見た目と活動範囲が違うので注意、なのです。

例えば、ゾンビと村人を地上に召還し、高度200地点で待機した後戻ると、村人が襲われてゾンビ化してしまいます。(難易度:ハード)

自然デスポーン条件

暗い場所のモンスターが自然デスポーンしないのは変わらず、なのです。

湧きつぶしのしていない洞窟内のモンスターに関してはJavaの様な、時間によるモンスター自然消滅→再スポーンによる再抽選(湧き)をほとんど期待できないのです。

Javaの場合、湧きつぶしが甘くても、湧き効率が大きく下がるだけですが、BE(PE)の場合は、一度湧いてしまうと(プレイヤーが倒すかピースフルリセットで消滅させない限り)同じ場所にモンスターが居続ける関係上、まったく湧かなくなるのです。

モンスターが湧く上限数

上限数


●密度判定範囲外でモンスターを沸かして、水流などでモンスターを『搬送』してやると、一応16匹以上貯めることも可能。

※おそらく、BE(PE)v1.10.0からの変更はなし。

上限判定は各モンスターが基準、なのです。

上限数カウントが、『各モンスターを中心とした』判定なのは変わらないのです。また、水平方向に関しては範囲がありますが、垂直方向に関しては範囲設定がおそらくありません(無制限)。

なので、『湧き層の高さ』を『湧き範囲』に収め、『処理層の高さ』を『湧き範囲』の外にすることで、モンスターを『処理層』に大量に集める、ということはできませんでした。

逆に、水平方向に水で流してやる(4チャンク以上)と、16匹以上貯めることも可能です。ただし、サバイバルでは自然デスポーン対策が必要になるので、あまり現実的な方法ではありません。(クリエイティブの場合は、夜間固定にすることで、簡単に対策できる。)

『地上』と『地下』は別集計


BE(PE)v1.11.0では、モンスターの湧き数制限は、『地上』と『地下』で別扱いになっているのは変わらなかったのです。

『地下』の定義は簡単で、『地上』より、下の層はすべて『地下』になります。

『地上』の定義は少しややこしくて、ここでいう『地上』とは、『一番高い(Y値が大きい)位置にある、MOB(モンスター以外も含む)が地形的に湧くことができるブロック(層)になるのです。ブロックが上にない不透過ブロックがこれになります。(例:上が空気になっている土・石などの正方形のブロック)

逆に、ブロックの上にMOBが湧けないブロックが乗っているブロックは、MOBが湧けません。(例:石ブロックの上に下付きハーフブロックが載っている)このようなブロックは、地上・地下判定からは無視され、直下のMOBが湧ける層が『地上』になります。

結果として、屋根があるのに『地上』という、不思議な現象が起こることがあるのです。

さらに、BE(PE)では地上と地下では、『別の湧き層扱い』になっているのです。よって、湧き層が地上扱いになるようにトラップを作れば、地下はすべて無視することが可能!なのです。

BE(PE)でお手軽にトラップタワーを作る時の重要ポイントであり、これを知った時は衝撃だったのです。

松明などの光量による湧きつぶしは、地上・地下判定には影響しないのです。光量に影響されないMOBなら、湧くことが可能だからです。(例:草ブロックの上に湧く動物など)

5.選べる2パターンのトラップタワー建設方法。

以上の湧き条件を元に、トラップタワー建設を考えた場合、以下の2パターンが考えられるのです。

  1. 【地上設置タイプ】『9×9チャンクより広くて正方形』な、昼間はモンスターが湧かない明るい土地(草原など)を確保し、中央にタワーを建てる。敷地を松明で湧きつぶしすることで、夜間も稼働可に。
  2. 【天空トラップタワー】高高度な場所にトラップタワーを作ることで、生産速度&安定度をあげたトラップ。

以上の2パターンの建設コースが考えるのです。

【地上限定・昼間限定タイプ】は、平地にトラップタワーを建てるだけなので、お手軽なのです。昼間限定であれば、湧きつぶしもいらないのです。以前より範囲は狭くなりましたが、地上で作業をしながら稼働させることも可能、なのです。ただし、モンスターの動きなどの関係で、安定度には欠けるのです。

【天空トラップタワー】は、Javaと同じで、高い位置にトラップタワーを建てることで、安定度を確保する方法、なのです。BE(PE)の場合は、地下扱いのモンスターも対象にできるというメリットも加わるのです。ただし、高高度に作るために建設難度は多少上がるのです。また、天空での待機が必須になるので、地上で作業しながら稼働させるということもできないのです。

おススメは、やはり【天空トラップタワー】なのです。裏で放置することで火薬を安定して生産できるのは、やはり魅力的、なのです。

ちなみに、速度はJavaに比べると全然遅いので、経験値ゲットにはあまり向かないのです。

6.【地上設置タイプ】簡単な非天空トラップタワーを作ってみる。

トラップタワーを作ったことがある人向けの簡単な説明。

Javaで、天空トラップタワーを作ったことのある人向けの説明。BE(PE)v1.11.0での非天空トラップタワーの作り方を簡単にまとめるとこうなります。

  1. 昼間、地上にモンスターが湧かない広い土地(200×200マスあれば確実)の中心に建てる。(ダークオークの森等があるのは不可。ドラウンド対策として、水域もできるだけ避ける。)
  2. 建てる高さは地上でOK。天空に建てる必要はない。地下は不可。
  3. 建てるトラップタワーの湧き層は1層のみ。自動処理できるように、落下層の高さは35以上確保する。落下層の一部を地下に埋め込むと、待機範囲を広げることが可能。
  4. 天井は、必ず『下付きハーフブロック』で湧きつぶしをする(超重要)

これで、昼間のみ稼働するトラップが作れるのです。地表を松明で湧きつぶしをすれば、夜も稼働するようになります。

モンスターの湧きが甘くなってきたら、ピースフルリセットで復活させるのです。状況にもよりますが、だいたい、30〜60分程度は持つことが多いです。

【1】まずは、9×9チャンクが確保できる、明るい土地を探す(作る)のです。

まずは、非天空トラップタワーを作るための土地を探して確保するのです。

昼間、地上にモンスターが湧かない広い土地(200×200マスあれば確実)を探します。シラカバの森程度なら大丈夫ですが、ダークオークやジャングルの森が近くにあるのはダメなのです。

水域もできるだけ避けてください。木を切って湧きつぶしをするのは比較的簡単ですが(最悪、焼き払ってしまう方法もある)、水抜きは大変なのです。ので、海は避けた方が無難です。川の場合は、暗渠(あんきょ)化(フタをする)したり、水抜きをすることで対応できることもあるのです。

【2】処理層&待機所を作るのです。

土地が確保出来たら、さっそくトラップを建ててみるのです。

まずは、35マスの落下用の穴を確保するために、3×3マス、深さ15マス程度の穴を掘っていくのです。今回は、壁も装飾したいので、5×5マスで掘っていますが、機能的には3×3マスでも問題ないのです。

掘り終わった穴、なのです。ここをモンスターが落ちてくることになるのです。

穴の一面をくりぬいて、待機所を作るのです。待機所は簡単なもので構わないのです。

モンスターが落下してくるポイント9か所にホッパーを設置し、チェストを設置するのです。ホッパーは、すべてチェストにつながるようにするのです。ホッパーを設置し終わったら、各ホッパーにアイテムを投げてみて、ちゃんとつながっていることを確認するのです。

つなげたいホッパー(チェスト)にターゲットを合わせたら、SHIFTを押しながら右クリックすることで、簡単に接続することができるのです。

モンスターが落下してくる空間をガラスで仕切ったら、処理層の完成、なのです。

BE(PE)v1.11.0では、湧き高さ制限がシビアなので、湧き層を作る高度をある程度考慮する必要があるのです。落下距離を35確保する場合、処理層を地下15マス程度掘ることで、落下距離を確保しつつ、湧き層を地上から25程度の高さにすることが可能になるのです。

【3】モンスター落下用の穴を作るのです。

処理層ができたら、今度は処理層に落とすための穴を作るのです。先ほど掘った穴に+20マスするために、20マス分のガラスを積み上げるのです。ブロックであればガラスでなくてもいいのですが、落下している様子を見たい!...ということで、今回はガラスにしたのです。

【注意点】自分の位置と湧き層は25マス以上離す必要があるのです。自分の周り25マス以内は、モンスターが湧かないのです。

【4】穴にモンスターを集めるための水流層を作るのです。

モンスターを穴に集めるため、水流層を作るのです。まずは、縦方向に3×8マスの水路を作るのです。(実際には、壁になる部分もあるので、幅5×長さ9の床を作ることになります。)

水路を作る時は、2段重ねにして、水滴が落ちないようにするのです。


●画像では、手前1列だけ、次の段に設置する石レンガも設置してあるのです。

工の字型になっている隙間を埋めて、床を作るのです。この時点で、真ん中に3×3マスの穴が開いた、21×21マス(床9+穴3+床9)の床になっているのです。

床ができたら、水滴が下に落下するのを防止するために、もう1層床を重ねるのです。

最終的に、石レンガの部分に水が流れるのです。

続いて、先ほど作った水路に流れるように、長さ8の水路を作っていくのです。(幅は19になります。)こちらも、石レンガの部分が水が流れる部分になるのです。

周りに壁をさらに1段積み上げて、周囲に水が流れ落ちないようにするのです。

床ができたら、4辺の壁から水を流すのです。バケツで1マスずつ、丁寧に水を入れていくのです。きれいに水が入ると、水が隙間なくきれいに流れるはずなのです。

これで、モンスターを集めるための水流層の完成!...なのです。

【5】いよいよ、湧き層を作るのです。

水流層を作ったら、いよいよ湧き層を作るのです。水流層の床から3段上げた場所に、床を作っていくのです。(水流層は、高さ2段の部屋になるのです。)

床にはところどころに、幅2マスの穴をあけておくのです。今回は、『穴2・床4・穴2・床3・穴2・床4・穴2』というパターンにしてみたのです。

穴にトラップドアを付けて、すべて開いている状態にするのです。こうすることで、落とし穴の役割をしてくれることになるのです。

モンスターは、開いているトラップドアでも、床があると認識するのです。ので、放置しておくだけで勝手に穴に落ちてくれるのです。

外壁とつながっている部分も2マス削って、トラップドアを設置するのです。これで、モンスターがどの方向へ行っても、水流層に落ちるようになるのです。

自分が移動するときは、一時的にトラップドアを閉めれば、通路になるのです。

湧き層ができたら、周りの壁を3段積み上げるのです。

3段目に、石レンガなどの正方形のブロックで屋根を作っていくのです。トラップタワーでは湧き層を複数層作ることが一般的ですが、このトラップでは1層で十分です。(というか、1層しか稼働しないので、複数層を作っても無駄になります。)

最終的に、湧き層の高さは2段になることになります。2段にすることで、エンダーマンが湧くことを防ぐのです。

屋根は、必ず正方形(光を透過しない)ブロックで作ってください。BE(PE)では、ハーフブロックは光を透過するので使用不可、です。

屋根を作り終わったら、下付きハーフブロックを敷いて、天井の湧きつぶしをします。これがとても重要、なのです。

BE(PE)では、高さの高いところからMOB(モンスター以外も含む)が湧くことができるブロックを順番に検索し、一番最初に見つかったブロックを『地上』扱い、その他の下層のブロックを『地下』扱いにするようです(英語Wikiより)。

なので、天井を下付きハーフブロックで覆い『MOBが湧かない面』にすることで、天井を『地上』判定処理から外し、その下を『地上』扱いにすることが可能、なのです。(下付きハーフブロックだけだと、光を透過してしまうので、真下に普通のブロックを重ねています。)

【6】稼働すれば成功!...なのです。

フタをし終わったら、地上に降りてトラップが稼働するか確認するのです。トラップから、あまり離れてしまうと稼働しなくなるので注意してください。

モンスターが落ちてくれば、建築は成功!...なのです。

タワーを建設すれば、昼間だけ稼働するトラップの完成!...なのです。昼間なら、日光が周囲の湧きつぶしをしてくれるのです。ので、昼限定であれば、周囲の湧きつぶしは不要なのです。

夜になったら即ベッドで寝ることで、常時稼働も可能、なのです。

試す時は、難易度をいったんピースフルにして、再度ノーマルなどに戻してみるといいのです。落ちてくるまでに、数十秒〜数分かかることがあるので、少し気長に待ってみてください、なのです。

【7】地上を湧きつぶしして、夜も稼働するようにするのです!

あとは、地上に松明をばらまいて明るくすることで、夜も稼働するトラップへとバージョンアップすることができるのです。(外にむき出しになっている洞窟の入り口も『地上』なので要注意、なのです。)夜も稼働できるようにすることで、裏稼働で放置することが可能になるのです。

地上を明るくする湧きつぶしは、地下すべてを明るくする湧きつぶしに比べれば、はるかに楽なのです。なので、余裕があれば、やっておくことをおススメ、するのです。

実際には、

などの理由により、湧きつぶしをしても、数十分〜1時間程度放置しておくと、稼働効率が落ちることがあります。その場合は、一時的にピースフルにしてモンスターを消滅させれば、問題なく稼働させることが可能、なのです。

ちなみに、ピースフルにするのもめんどくさい場合は、

ことで、一応回避することが可能、なのです。が、地下室を作る作業の方が、おそらくめんどくさいのです(笑)。

(*)グロウストーンの上にガラスを乗せて綺麗に見せた照明など。ガラスの上にはMOBが湧けないので、トラップタワーの天井と同様、地上判定から外されてしまい、その下の一番上にある地下が『地上』扱いになってしまうのです。

BE(PE)v1.10.0では、この後の拡張策として、タワー4本建てをする方法がありましたが、これはできなくなってしまいました。

一応、複数建てをすることで、地上で待機できる範囲を広げることは可能なのです。しかし、労力のわりに、ほとんど意味がないので、おススメはしません。

7.【天空トラップタワー】の作り方。

建て方自体は、基本的には、地上対応タワーと同じです。

以下が、主な違いになります。

湧きつぶし作業は不要です。湧きが甘い時は、一度ピースフルリセットをすると稼働する可能性があります。

Javaの場合、湧き範囲外のモンスターは自然消滅(デスポーン)しますが、BE(PE)の場合は、湧き範囲外ではモンスターが湧かないだけで、一度湧いたモンスターは地下に残ったままになるのです。なので、ピースフルリセットを行って、地下に湧いていたモンスターを消滅させる必要があります。

実際にサバイバルモードで天空トラップタワーを建てた時の様子を記事にしました。よろしければどうぞ、なのです。

8.稼働効率レポート

10分間稼働させた場合の取得アイテム数。

地上1本建ての場合。アイテム数35。

天空トラップタワーの場合。アイテム数95。

1回しか調べてないので、誤差がある可能性があります。地上1本建ては、もうちょっとアイテムが落ちる可能性があるはずなのですが、不安定な部分もあるので、こんな場合もありえるのです。

やはり、新湧き範囲ルールの下では、天空に作った方が、効率は良さそう、なのです。

【参考】天空トラップタワー4本建ての場合のアイテム数

少し気になったので、天空トラップタワーをくっつけて4本立てした場合も調べてみたのです。

取得アイテム数は217。おおよそ2倍程度にはなるようです。湧き層を広げることで、それなりに速度は上がるようです。しかし、建設する労力を考えると、4本建てる意味は、あまりないかもしれないのです。

ってか、効率を求める場合、(建築難易度は高くなりますが)トラップドア&水流落下式以外の方式を考えた方が、効率がよくなる可能性が高いのです。

サバイバルモードでトラップタワーを作った様子を記録した記事、なのです。最初の3つは旧式(夜間のみ稼働するタイプ)で、4つめが新式(昼間も稼働するタイプ)に改造した時の記事になるのです。

最後は、天空トラップタワーを建設した時の記事、なのです。


Writter:どろっぴ


  1. 【BE】お手軽!湧きつぶし不要な非天空トラップタワー!...ができたのです。
  2. 植林場を作って快適林業、なのです。
  3. 地図にマークを付ければ、もう迷わない!?のです。
  4. スライムボールをゲットする3つの方法!...なのです。
  5. 回路不要!シンプルな天空トラップタワーの作り方、なのです。

どろっぴ・ゲームス