どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【攻略】

【BE1.16】簡単な天空トラップタワーの作り方。【回路不要】

2020.07.01(2019.01.21)

BE(PE)v1.16.1

BE(PE)v1.16で簡単に作ることができるトラップタワー。回路も湧きつぶしも不要!...なのです。

スポンサーリンク

目次

この記事はBE(PE)v1.16向けなのです。Java版の天空トラップタワーに関しては、別記事になります。

  1. 1.トラップタワーを作る目的は『アイテム(火薬)』なのです。
  2. 2.BE(PE)のモンスター湧き条件を把握するのです。
  3. 3.実際にトラップタワーを作って稼働させてみる。
  4. 4.湧き層は3段は欲しいのです。

当ページ作成に当たり、以下のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

1.トラップタワーを作る目的は『アイテム(火薬)』なのです。

今回紹介するトラップタワーでは、『アイテム』の取得を目的とするのです。特に、『火薬』はクリーパースポナーがない関係もあり、重宝するのです。

BE(PE)v1.16の天空トラップタワーは、仕様上、モンスターを大量にためることができないのです。なので、経験値トラップとしては使いづらい施設になっています。

経験値取得に関しては、野菜(カボチャ・スイカ)の大量売却の方が効率がいい場合が多いです。

2.BE(PE)のモンスター湧き条件を把握するのです。

トラップタワーは、モンスターの湧きを一か所に集めることで、効率よくアイテムなどを集める施設なのです。なので、モンスターの湧き条件を把握することが大切になるのです。

他にも細かい条件がありますが、トラップタワーを作る際に覚えておきたい条件は、以上の3つ、なのです。(→詳細

BE(PE)v1.16では、地下(タワー)内にゾンビが湧かない現象を確認しています。バグ?

スポンサーリンク

3.実際にトラップタワーを作って稼働させてみる。

※クリエイティブモードで制作した後、サバイバルモードで稼働させています。

実際のトラップタワーの作り方を簡単に説明するのです。

このページでは、わかりやすくする為に綺麗な石系ブロックを使っています。実際に作る時は、丸石や石レンガなどの、手にはいりやすいブロックで作ることが可能、なのです。

建築場所。

草原の上空に建設することを前提としています。

タイガや雪原などの寒い地域に建設してしまうと、水流が凍ってしまって稼働しません。また、砂漠などでは出現モンスターが微妙に異なる為、結果が変わってくる可能性があります。

アイテム回収層・処理層を作る。

【高度190】まずは、高度190の地点に基準となる床を作るのです。ここが、待機&処理層になるのです。

モンスターの湧き範囲は、プレイヤーから54マスまでなので、床から54マスの範囲に地形がなければ、これより下の位置でも構わないのです。(但し、なるべく高めの場所に設置した方が、仕様が変更された場合に耐えられる可能性が高いです。)

【高度191】アイテム回収用のホッパー&チェストを設置するのです。ホッパーは5×5の25マス分設置するのです。設置し終わったら、試しにアイテムを入れてみて、きちんと、チェストとつながっていることを確認してください。

チェストやホッパーにホッパーをつなげる時は、つなげたいブロックにターゲット(十字マーク)をあわせて、SHIFTを押しながら設置するとつなげることが可能、なのです。

【高度192】ホッパーの上に焚火を設置するのです。万が一、モンスターが残ってしまった時に処理するためのダメージ源、なのです。

焚火を設置する時も、SHIFTキーを押しながら設置する必要があるのです。

落下層を作る。

【高度192-220】ホッパーを囲むような形で、ガラスを、高度220まで積み上げるのです。

中が見えなくてもよければ、普通の石系ブロックでもOKなのです。一部だけガラスにするのもアリ、なのです。

水流層を作る。

【高度221】次に、モンスターを落下層に集めるための水を流すための床を設置するのです。床のサイズは、穴から9マス分伸ばしたサイズ、なのです。(全体では、23×23マスになるのです)

【高度221】モンスターを落下させる穴に看板を設置するのです。

看板は、水流を空中に1マス伸ばした状態で停止させるために必要になるのです。こうすることで、クモを壁に触れさせずに落とすことが可能になり、クモが途中で壁を登ってトラップ内に残ってしまうことを防ぐことができるのです。

【高度222-223】一番外側に2段、1マス内側に1段、ブロックを積み上げるのです。

【高度223】1マス内側(画像では、エメラルドグリーンのブロックの上)に更に1段、『氷ブロック』を積み上げるのです。

【高度223】『氷ブロック』を『シルクタッチのついていない』ツルハシで壊すのです。そうすると、氷が水源に代わり、水が流れ出すのです。

『氷ブロック』が手に入りづらい場合は、バケツで直接水を流しても問題ないのです。

これで、水流層が完成、なのです。

モンスターの落ちる穴には、水流が1マスだけ伸びて止まっているのです。これが大切、なのです。

モンスターの湧き層を作る。

【高度224-225】水流層が完成したら、いよいよ湧き層作りなのです。まずは、壁を2段積み上げるのです。

【高度225】積み上げた壁から伸ばす感じで、湧き層を建築するのです。(水流層の高さは、2マス(水源部)〜3マス(水流部)になるのです。)

湧き層の形は周りから2マス、中央を2マスずつあけて作るのです。結果として、8×8,7×7,8×7,7×8の床が出来上がるのです。

湧き層ができたら、床の周り全てにボタンを設置するのです。ボタンがあることで、モンスターが下に落下してくれるようになるのです。

BE(PE)v1.16では、

という制限がある為、スポーンさせたモンスターは、なるべく早く処理する必要があるのです。

湧き層の形はある程度自由にできますが、一番外側だけは、必ず2マス開けてください。周りの壁と湧き層が繋がっていると、そこからクモが天井まで這い上がってしまい、トラップ内にたまってしまう可能性があるのです。

【高度226-228】更に、周りの壁を3段高くするのです。

【高度228】最後にフタをして、松明で湧きつぶしをして完成、なのです。(湧き層の空間の高さは2マスになるようにしてください。)

BE(PE)v1.16では、下付きハーフブロックによる湧きつぶしによる効率強化は、無効化されてしまったのです。なので、松明で湧きつぶしてしまって問題ないのです。

待機場所を作る。

最後に、処理層からブロックを8マス重ねて【高度198】、待機場所を作るのです。ここで待機して、トラップタワーを稼働させることになるのです。

待機場所を高くすることで、水流層をプレイヤーから32マス以内に入れることができるのです。こうすることで、水流で運んでいる途中でモンスターが消滅することを防ぐことができるのです。

稼働させてみる。

待機層に戻って、しばらくしてモンスターが落ちてくれば成功、なのです。(3分程度は放置してみてください。)

4.湧き層は3段は欲しいのです。

湧き層を積み重ねて効率を上げてみる。


このトラップタワーは、処理速度を上げるために、湧き層の面積が狭くなっているのです。ので、湧き層を積み重ねる必要があるのです。

湧き層を重ねる時は、必ず各層の高さを2マスにする必要があるのです。1マスだとクモしか湧かず、3マスにするとエンダーマンが湧いてしまうので厄介なことになるのです。

湧き効率調査。

20分でゲットできるアイテムの数を一覧にすると、こんな感じになります。1回測定なので、多少ブレがある可能性があります。

段数アイテム数
1107
2182
3310
4323
5327

湧き層は1段でも一応稼働します。しかし、3段重ねてあげると、2.5倍近く効率がよくなるのでおススメ、なのです。

4段以上は、労力の割には効果を得られないので、3段で止めることをおススメするのです。(当トラップの場合)。


スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)