どろっぴ・ゲームス

HOME > 聖蹟桜ヶ丘(耳すま)

#6 - 耳丘・2人で夜歩いた道を訪ねてみる。

2016.03.26(2013.11.10)
※【撮影】2013年11月

『耳をすませば』の舞台である聖蹟桜ヶ丘近辺。ラストシーンの様な風景画が見たくて丘の端を追い求めてみたのです。雫が図書館から一人で帰る道と、夜2人で歩いた道の位置関係とかがすごくリアルだったのです。

(9)かつて『耳丘』と呼ばれた場所?

ここら辺は、『立入禁止』の看版があちこちに設置されています。


●危険に付き立ち入り禁止の看板。

先程書いた図書館があった場所(公園ではない)に行ってみると...?小さな道があり、その先へ進めればいい景色が眺められそうです。が、この先は残念ながら「関係者以外」立ち入り禁止です。(ってか、この先って私有地だよね?...ので、昔来た時には気にしていなかった。)

近くに脇にある短い階段を登り、京王線の方に行きたいなーってな感じで歩いていくと...やはりこのあたりは「立入り禁止」の看板とフェンスだらけです。ちょっとこの数は異常です。実は、この「立入り禁止」の看板・フェンスで囲まれた先のあたりらへんが、かつて(9)「耳丘」と呼ばれた場所だったらしいです(たぶん)。昔来た時も気にはなっていたのですが、私有地っぽかったので入らなかったんですよね...。

アド街で紹介されたラストシーンの場所も『立入禁止』の場所?


●アド街「聖蹟桜ヶ丘」回と似た構図の写真?

フェンス越しに写真を撮ってみると...おや?この風景はアド街ック天国(2013.6.9放送)の最初に流れた映像に似ている気がします。手前に移っているマンション(?)の角度などを考えるとアド街の映像はもっと東の方で撮られたと考えられます。が、そこは立ち入り禁止区域なんですよね...。おそらくテレビ番組ということで、特別に許可を貰って撮影されたものと思われます。また、アド町では公園の奥にラストシーンに似た風景がある、と紹介されてますが、実は公園の奥も立ち入り禁止区域なのです。なので、発見することができなかったのです...。

(10)丘道路 - 夜、2人で歩いて帰った道。


●進行方向反対側から撮影。この道路は意外に短い。白い柵型フェンスはガードレールに変わっていました。

先程の立ち入り禁止ゾーン付近から同じような感じ(京王線が見えないかなーってな感じ)で道進んでいくとこんな場所があります。今はガードレールになってしまっているので雰囲気はなくなってしまったのですが、昔はガードレールが白い柵で、夜、2人で歩いた道にそっくりの雰囲気だったのです。ただ、実際には聖蹟桜ヶ丘駅方向は木が生えていて、京王ショッピングセンタービルを眺めることはできないのです。(多分、アニメでは木がなかった事になっている。)


●丘からの景色が見られるポイントの一つ。ここから聖蹟桜ヶ丘駅は見えない。

丘の上の道から見た風景です。下に見える川は最初に歩いた川(図書館〜学校)です。ちょうど並走していることがよくわかるのです。

ちなみに、ここにも「ゴミを持ち帰りましょう」の看板が2つ以上もありました。そんな看板は昔はなかった気がします...っていうか、住宅地にそんな看板は普通はありません。10年経った結果、この辺で一番変わったのがゴミの看板だったってのは、なんかいろんな意味で『現実』を見せられる話である気もします。


●2000年前半。昔は映画そっくりの白い柵だった。

注意:(10)丘道路という名前は、説明のため仮に勝手に名づけた名前であり、正式名でも通称でもありません。


Writter:どろっぴ


どろっぴ・ゲームス