くりすたる・の〜と

「聖蹟桜ヶ丘」(耳をすませばの舞台)を歩いてみる。

「聖蹟桜ヶ丘」(耳をすませばの舞台)を歩いてみる。

2016.03.27(2013.11.10)

『耳をすませば』の舞台である聖蹟桜ヶ丘近辺を歩き回ってみたのです。高低差のある町で、いい景色がたくさんあったのです。(写真撮影:特に表記がない限り、2013年11月頃)
※注意:聖蹟桜ヶ丘を含め、この近辺は観光地ではなく、ごく普通の【住宅地】です。訪れる際にはそのあたりを充分留意ください。

「聖蹟桜ヶ丘」を歩いてみる - もくじ

耳すまの舞台(雫の町)探訪

聖蹟桜ヶ丘(ラストシーンの情景)探訪

聖蹟桜ヶ丘周辺(多摩地区)探訪

このコーナー(カテゴリ)について

このページは、聖蹟桜ヶ丘(新宿から京王線特急で約30分)付近を歩いた時の様子をアニメ「耳をすませば」と絡めて書いてます。但し、作品で聖蹟桜ヶ丘がそのまま描写されている訳ではありませんし、映画公開から15年以上経った今ではだいぶ変わっている部分もあります。あなたが「ここなんだ」と想ったところが、その場所だと思います。

一応、商店街さんが作成したスポット等も訪れていますが、基本的に「位置関係」と「景観」、そして「妄想」(笑)を重視して歩いている為、駅前にある「案内板」や「他の聖蹟桜ヶ丘・耳すま関連のページ」と、かなり違う所もあります。また、「耳すまと直接関係ないけれども景色のいい場所」も含まれています。

『聖蹟桜ヶ丘』散策地図

聖蹟桜ヶ丘探索地図
●ピンクの数字はあるいた場合のおおよその所要時間です。水色でマーキングしたポイントが有名どころ。

(1)〜(14)の順に歩いていくと、おおよそ11km・3時間半から4時間位かかります。更に(15)〜(18)はかなり離れているポイントで、電車・バス利用がほぼ必須です。1日ですべてを回るのはかなり厳しいと思われます。

よく知られている(耳すま関連のページで出てくる)のは、聖蹟桜ヶ丘駅・(1)〜(6)のポイントで、駅前の商店街の地図に載っているのはそのうち聖蹟桜ヶ丘駅・(1)〜(5)のポイントです。

【ロケ地散策】という意味では、商店街の地図に載っているポイント(+余裕があれば(6)の愛宕団地・水道塔にまで足を伸ばす=いろは坂通りを歩き通す)だけで満足できると思います。

他のスポットは耳すまの映像の再現としての面白さはまったくありません。が、バス利用でちょっと遠いですが、(16)ゆうひの丘は余裕があれば行くのをオススメします。

(15)〜(18)を除き徒歩で行くのをオススメしますが、聖蹟桜ヶ丘駅からバスもあります。

[桜92系統]は散策行程でのいろは坂通り経由、[桜72・73]は散策行程での(D)宝蔵橋〜(C)サミットの通りを経由します。昔は[桜92]系統は永山駅までは行かず、途中の桜ヶ丘二丁目止まりでした。




くりすたる・の〜と