くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

874日目 - シーランタン生産所を建設するのです!

2018.04.07

Javav1.12.2

シーランタンはやっぱり美しい、のです。しかし、1つの海底神殿から手に入るシーランタンは数に限りがあるのです。そして、海底神殿の数も、無限ではないのです。

それでも欲しいシーランタン。となれば、生産施設を建設するしかないのです。

シーランタンが無限に欲しいのです!

前回、松明をシーランタンに置き換えた庭、なのです。その向こうには、松明でライトアップをしている、将来村を建設する予定(といいつつ、全然建設していない)土地が広がっているのです。

一部を除いてきれいに並べてあるのですが、それでもシーランタンの美しさにはかなわないのです。という訳で、村の土地も、シーランタンでライトアップしたいのです。

しかし、残りのシーランタンはおおよそ90個。とてもじゃないけれど、足らないのです。

海底神殿は無限にある訳ではないので、海底神殿に使われているシーランタンを集めるだけでは、いずれは無くなってしまうのです。(マイクラのセカイはとてもとても広大なので、集めようと思えば相当数集められるかもしれませんが、移動などを考えると非現実的、なのです。)

シーランタン生産所を作るのです。

さいわい、シーランタンの素材は、海底神殿のモンスターが落としてくれるのです。なので、海底神殿にトラップを作れば、シーランタンを無限に手に入れることができるのです。

しかし、このトラップの建設は、とっても大変なのです。フル規格で作ろうとすると、それこそ数十時間かかってしまう代物なのです。

なので、今回は、なるべく建設負担が少なくなる方法で、トラップを建設してみようと思ったのです。それでも、建築目標時間は10時間(!)、なのです。

シーランタン生産所を作るのです。

実際の建築工程は、例により別ページにまとめたのです。というか、あまりに工程が多すぎて、一回ではまとまらなかったのです...。

なるべく建設工事量を減らした方法、なのです。これでも10時間半近くかかったのです。ガーディアントラップは、トラップ建築の中では、間違いなく手間と労力がかかるトラップの一つだと思うのです。

きれいに装飾して、使いやすくしていくのです。

穴に落ちないようにするのです。

海底神殿の稼働部を作ったら、あとは周りを装飾していくのです。

まずは、ガーディアンが落ちていく穴の周りに、アカシアのフェンスを張って、誤って落ちないようにするのです。

建築の為に、あちこちに置いたチェストも、地下にまとめるのです。

待機所を作るのです。

地下の待機場、なのです。それなりのスペースが欲しかったので、掘ったのです。

壁は、贅沢にもプリズマリンレンガで統一してみたのです。

プリズマリンレンガは、1ブロック作るのに『プリズマリンの欠片』が9つも必要なので、かなり贅沢な素材、なのです。

チェストを壁際に並べ直して、待機所は完成、なのです。

この後、(稀にガーディアンを倒せないことがあって)倒せなかったガーディアンが侵入してきてゲームオーバーになりそうになったので、入り口部分にフェンスゲートを付けました。

松明も全撤去するのです。

海底神殿に大量に設置してある松明、なのです。

この松明を、シーランタンに交換、なのです。もともと神殿に使われていたランタンですから、神殿にはシーランタンを使ってあげたいのです。

大量の松明を外す時は、バケツの水で流してあげると簡単に撤去することができるのです。(土地がある程度平面な場合に限ります。)

地面だけが淡く光る空間ができたのです。ちょっと薄暗くて冷たい感じが、水の中の施設ってな感じがして、いい雰囲気、なのです。

シーランタンを自動生産!なのです。

そんなわけで、シーランタンを生産する生産所が完成!なのです。生産するスピードは遅いので、時間はかかりますが、有限であるか無限であるか、の違いは大きいのです。

これで、光源ブロックには、もう、困らない!...といいのでした。

今回の生産所で作れるシーランタンは、約85個/時間、なのです。操作不要とは言え、生産にもまた、時間がかかるのでした(笑)。




くりすたる・の〜と [カテゴリ]