くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

648日目 - ブレイズスポナー周りを整備して、倒しやすくするのです。

2018.02.18

Javav1.12.2

見事なマグマダイブを決めて初期スポーン島に戻されてからの再出発なのです。この島、資源(木材)をほぼ取りつくしているので、戻るには泳ぐしかなかったです。

その後ネザーに向かい、ブレイズを倒しやすいように、スポナー周りを整備したのです。

(目次を表示)

再出発はスイミング、なのです。

前回戻された、初期スポーン島から、再出発なのです。とはいえ、この島には資源(木材)がほぼないのです。ということで...。

泳いで出発、なのです。幸い、拠点のある方向は把握しているので、最短距離で着くことができるはずなのです。

マインクラフトで一番大切な資源。それは、鉄でもなくダイヤでもなく、『木』だったのです。『木』がないと、棒が作れないので、武器も道具も作れないのです。木のツルハシも作れないので、石のツルハシなども作れないのです。

木で小さな家でも作っていれば、解体してなんとかなったかもしれないのですが、拠点すら作ってなかったのです...。

(※あとから見返したら、苗木はあったので、育てれば木を確保することは可能だったのでした。とはいえ、ゲームオーバー直後で木を育てる余裕は、なかったと思うです。)

ようやっと自分の家が見えてきたのです。泳ぐと時間はかかるし、おなかは減るしで大変なのです。ボートのありがたみが身に染みるのです。

クリーパーがいるので、大きく回り込んで、村に駆け込んだのでした。

スペアの武器を持って、ネザーへ再突入、なのです。

剣とツルハシは、最強のエンチャントをしたものを常に1本は予備で持っているので、それを装備。チェーン装備は村人から購入し、ダイヤのブーツは再度作って再出発なのです。防具はエンチャントしていないのです。

落としたアイテムは5分で消えるというルールがありますが、ネザーでゲームオーバーになった場合、ネザーに入るまでは時間はカウントされないのです。(正確には、アクティブになる距離に入るまではカウントダウンされません。)ので、ゲームオーバーになった場所が遠い場合は、慌てずに、じっくり準備してからチャレンジした方が、奪還に成功する確率があがるのです。

ネザーに突入したら、自分で作った安全通路を猛ダッシュ、なのです。

今回は、一本道を進むだけなので簡単に着けますが、洞窟や要塞などでゲームオーバーになった場合、迷わずにたどり着ける保証はないのです...。

...あ、ラッキーなことに、まだアイテムが落ちているのです。慌てて拾うのでした。(あまりに嬉しくて、画面が見づらいことになっていてごめんなさい、なのです。)

掘っていて、マグマが湧きだしたところには、なんと石レンガが置いてあったのです。どうやら、慌てて塞ごうとして、石を置いたっぽいのです。慌てていると何をするかわかりませんのです。

今回は、流れてきたマグマに焼かれたパターンだったので、全ロスは免れたみたい、なのです。

でも、ダイヤ幸運3のツルハシや防具一式、鉄製の高速シャベル(効率3・耐久3)なんかは無くなっていたのです。けっこう痛いのです。

ブレイズスポナーの周りをきれいにするのです。

なくしたものをいつまでも悲しんでいてもしょうがないので、気を取り直して、ブレイズスポナー周りの整備をするのです。

スポナー周りはいろいろごちゃごちゃしていてブレイズを倒しずらいので、ここをきれいにするのです。

空間を幅9×奥行9×高さ3に広げ、周りを石レンガで囲む作業をするのです。ブレイズの湧きが半端ないのです。耐火のポーションは絶対必要、なのです。

効率を求めるなら、スケルトントラップと同じように、幅9×奥行9×高さ5にすればいいのですが、高さを5にしてしまうと、ブレイズを倒しづらくなってしまうのです。

ということで、ブレイズ部屋が完成したのです。あとは、松明を取り払えばブレイズが湧いてくれるのです。

この部屋の使い方ですが、『耐火のポーションを飲んで、ブレイズを倒す』、というだけの簡単な部屋になっているのです。石レンガで完璧に覆ってあるので、穴に落ちるとか、途中でガストに襲われるとか、そういう危険性は無くなっているのです。

ゾンビピッグマンやヴィザースケルトンが居た場合は、一回にげるのです(笑)。ってか、床を下付きハーフブロックにすれば湧かない気がするのですが、試してはいないのです。

これで、ポーションづくりには困らないのです。

ということで、ブレイズを安全に倒せる部屋を確保できたので、ブレイズロッドやブレイズパウダーを確保しやすくなったのです。

本格的なトラップではないですし、戦う時は耐火のポーションが必須になるのです。が、ブレイズロッドは、そこまで大量に必要なものでもないっぽいですし、とりあえずはこれでいいかな、と、いった感じなのでした。

ブレイズのトラップは、作るのが難しいらしいので、今回は作らなかったのです。トラップを作れれば、ブレイズロッドをかまどの燃料にすることで、燃料にも困らなくなるみたいです。




くりすたる・の〜と