くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

【BE】4本トラップタワーで効率4倍!?...なのです。

2019.01.07(2018.12.28)

BE(PE)v1.8.0

トラップタワーを4本建てたら、4倍アイテムが取れるかも!?...というお話、なのです。(2019.01.07 - 記事を分割しました。)

BE(PE)のモンスタースポーン、および、トラップタワーの関しては、同じテーマの記事が他にもあるのです。

初めに ... 注意点、なのです。

BE(PE)では、天空にトラップタワーを作る意味はないのです。

BE(PE)の場合、モンスターの湧き範囲は、高さ方向には無限なため、天空にトラップタワーを作ることに意味はないのです。

また、仮に完全な湧きつぶしをしたとしても、モンスターが一度にスポーンできる数が少ないために、天空トラップタワーを経験値トラップとして使うには少し無理があり、放置前提でアイテム(主に火薬)を取るためになら建設してもいいかな、といった感じ、なのです。

BE(PE)のモンスター湧き範囲は、もっと細かく調整されている?

で、モンスターの湧き範囲は自分でも毎度調べているのですが、先日、似たような記事を探していたところ、とんでもな記事を見つけてしまったのです。以下、一部引用なのです。

南西エリアを潰してもモンスターの数は増えませんでした。この状態でリセットしても同じ。湧き範囲全体で何匹までってわけではなく、もっと細かく範囲を分けてあるのかもしれませんね。
BEの湧き範囲とシミュレーション距離の関係〜動画の通りに天空トラップタワーを作っても湧かない理由(マイクラのミタ)

...なんですと!?

自分は普段、1/4の範囲でしか調べていなかったので、これには気づかなかったのです。実際、クリエイティブモードで動き回ると、思ったよりモンスターが現れるイメージがあったので、直感的に密度とかが関係しているのではないか?とは思っていたのですが...。

しかし、エリアによってモンスター総数が分かれているのが本当なのであるならば、ぜひとも試してみたいことがあるのです。

ということで、トラップタワーを4本建てちゃいました(笑)。

エリアで分かれているなら、各エリアに建設すれば効率が上がるに違いない?

...ということで、やらかしたのがこちらの画像なのです。引用元の調査結果を考えて、自分を中心に、それぞれ縦50横50離れた場所に、タワーを4本建ててやりました(笑)。

分かりやすく図解するとこんな感じ、なのです。今回は、フラットワールドで作っているので、地下はなく、地下の湧きつぶしは考えなくていい状態になっています。

(ちなみに、これはクリエイティブモードをつかい、クローンコマンドでコピーして作りました。さすがに、テスト目的のために、人力でタワーを4本建てるのは無理、だったのです。)

自分の考えが正しければ、これでアイテムが4倍速で手にはいるはず!なのです。火薬がたくさん取れれば、BE(PE)でもエリトラで飛び放題!が可能になるはず、なのです。

Javaでは、同じことはできないのです。そもそも、32マス以上離れたモンスターはほとんど動かない為、自然落下式トラップを離れた場所に作っても、うまく動かないのです。

ちなみに、建てたトラップタワーは、Java向けのシンプルトラップタワーをBE(PE)向けに改造したもの、なのです。改造点は、

4本タワーにすると、確かにアイテムが増えました。

その結果。

中央に1本の場合。アイテムの総数は54個(数回試した最大で63個)。

四方に4本建てた場合。アイテムの総数は290個(1回のみの試行)。各タワーが個別に稼働している感じだったのです。

このトラップは、クモがうまく落ちるかどうかで、取れるアイテム数の幅がかなりあるので一概にはいえないのですが、それでも、あきらかに増えてる!...のです。

直接倒せるわけではないので、経験値トラップとして使えるようになるわけではないですが、アイテム取得用トラップとしては、かなりパワーアップできることがわかったのです。

少しだけロマンがあるのです。

今回使用したトラップタワーは、回路を使わないシンプルなタイプなのです。回路を使用するタイプの場合、近場に4本も建てると、それだけでマイクラ自体が重くなる可能性が高いので、十分注意してください、なのです。

...ってか、そもそもこれ、1本でも成立するんじゃない?

4本建設の効果が出て大満足。...なのですが、もし、エリア別に分かれてる説が成立するなら、一本だけ建てて同じことをしても、同じことが成立するんじゃないの?

ということで、更に試してみたのです。

その結果。

取得アイテムの総数は108個。...なんか、妙にたくさん取れている気もしますが、ブレ幅を考えれば誤差の範囲かもしれないのです。

という訳で、1エリアだけでも、成立する気がしてきたのです。

このことから考えるに、モンスターの総数制限は、プレイヤーを中心とした円ではなく、トラップタワー(or 各チャンク)を中心にした円でカウントされているのかもしれません(推測)。




くりすたる・の〜と