どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > 攻略

『エレベータ風な移動方法』3種類の性能を比較してみたのです。

2018.12.14

JavaV1.13.2 BE(PE)v1.8.0

垂直方向に移動する方法の移動速度を比較してみたのです。水泡式は優秀だったのです。

初めに...マイクラで純粋なエレベーターを作るのは難しいのです。

マイクラの場合、水平方向の乗り物としてはトロッコなどがありますが、垂直方向に関しては存在しないのです。

なので、エレベーターの様に垂直に移動できる手段を、エレベーターの代用として使うことになるのです。

垂直方向に移動しようとした場合、以前は、ハシゴを使うか、複雑なレッドストーン回路を組むしかなかったのです。しかし、最近になって、お手軽に垂直方向に移動する方法が増えたので、それらを比較してみたいと思うのです。

ということで、移動速度が速い順に、紹介してみたいのです。

1.水泡式エレベーター

上昇速度:6.5秒/50マス(上昇専用)

JavaV1.13.0 BE(PE)v1.5.1から作れるようになった、新しい垂直移動手段、なのです。

設置するには縦の水路を作る必要があるので、本格的な建築が必要になるのです。また、動力源としてソウルサンドが必要なので、ネザーまで到達していないと作れないなど、建設難度は若干高め、なのです。

しかし、一度建設してしまえば、高さの異なる2点間を高速に移動することが可能になるのです。天空トラップタワーに採用すると、ちょうどいいのです。

上昇専用な為、下降用に別途ルートを作る必要があるのです。ソウルサンドをマグマブロックに変えれば下降用エレベータにできますが、あとから出てくる自由落下式の方が圧倒的に早いため、マグマブロック式を使用することは、まずないのです。

必要なアイテム

メリット

デメリット

2.足場式エレベーター

上昇速度:16.5秒/50マス

BE(PE)v1.8.0から追加された、足場ブロックを重ねて作るエレベーター。自動的に移動できるわけではないが、ハシゴのように途中落下しづらいので、安全に使えるのです。

ジャンプで上昇・スニークで下降できるのです。

建設も、下から積み上げるだけ。壊す時は、一番下を壊せばすべて崩れる(サトウキビ方式)と、足場ブロックの名にふさわしい簡単さなのが魅力、なのです。

途中下車も容易なのが一番の魅力で、ビルやデパートの様に複数階の縦移動に向いている移動手段、なのです。ただし、速度は水泡式エレベーターに比べるとかなり遅いので、長距離移動には必ずしも向いていないのです。

と、機能的には一番エレベーターらしい足場式ですが、問題は、

『1.8時点では(竹が)自然に生えないので、代わりに釣りやチェストから竹が入手可能になっている』
([Minecraft(BE)] 最新アップデート「1.8」内容まとめ - ナポアンドットコム)より引用

と、現状、サバイバルモードでは、材料の竹が、とても手にはいりづらいという問題があるのです。そもそも、Javaではまだ使えませんし、今後のアップデートに期待、なのです。

必要なアイテム

メリット

デメリット

3.ハシゴ

上昇速度:21.5秒/50マス

ハシゴは、マイクラでは昔からある方法、なのです。材料も簡単に手にはいり、設置方法も壁に取り付けるだけと、簡単なのが魅力、なのです。

反面、移動中でも、ハシゴからずれてしまうと落下してしまう危険性があるのが難点、なのです。天空トラップタワーなどに使った場合、高所から落ちると即ゲームオーバーになってしまうこともあるのです。

また、移動速度が遅いのも難点、なのです。簡単に作れるけれども、性能も使い勝手もいまいち、というのが、ハシゴの特徴、なのです。

必要なアイテム

メリット

デメリット

番外.自由落下+池(下降限定)

ちなみに、上昇ではなく下降する場合、水を張った地面に自由落下するのが最速だったりします。その速度は、2秒/50マス、なのです。


Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス