どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > 攻略

違う種類もOK!自動かまどの作り方&燃料選び!...なのです。

2019.05.27(2017.05.20)

BE(PE)v1.11.4

いろんな種類をごちゃまぜに入れても、順番に焼いてくれるカマドのご紹介、なのです。

目次

  1. 自動カマドは便利!...なのです。
  2. 画像1枚でわかるかもしれない、自動かまどのつくりかた。
  3. 自動カマドの使い方
  4. 精錬時の経験値について。
  5. カマドに使う燃料について。

自動カマドは便利!...なのです。

自動カマドとは、その名の通り、チェストに焼きたいアイテムを入れると、順番に焼いてくれる装置、なのです。普通のカマドの場合、

ですが、自動カマドであれば、チェストに焼きたいアイテムを入れて放置するだけで、次々焼いてくれるのです。カマドの使い勝手が大きく向上するので、一機作っておくと、とても便利な装置、なのです。

自動カマドは、マインクラフトの『自動化』の面白さを知ることができる、一番手軽な装置、なのです。ので、鉄に余裕ができてきたら、ぜひ挑戦したいのです。

画像1枚でわかるかもしれない、自動かまどのつくりかた。

1枚で分かる自動かまど図解【マインクラフト】

自動かまどの作り方、なのです。自動カマドは、作る方法の説明が画像1枚で済んでしまうほどイージーなのです。

作る時のポイントは、ホッパーをちゃんとチェストやかまどへつなげることなのです。チェストとホッパーを上手くつなげるには、

...これがポイント、なのです。

ホッパーの作り方【マインクラフト】

ちなみに、ホッパーは『鉄5個』と『木材8個』(チェスト1個)で作れます。ホッパーはは3個必要=鉄15個を使うので、序盤で作るのは、少し難しいかもしれないのです。

自動カマドの使い方

自動カマドの使いかも簡単、なのです。

  1. 左のチェストに燃料(木炭・石炭など。)を入れる。
  2. 上のチェストに材料(鉄鉱石・原木など)を入れる。
  3. (カマドが、材料を焼いてくれる。)
  4. 下のチェストに完成品(鉄・木炭など)が収納される。

燃料をチェストに大量にストックしておくことができますし、鉄と金と原木を焼きたいときでも、チェストに入れてほおっておけば、順番に焼いてくれるのです。

精錬時の経験値について。

自動かまどを使用した場合、経験値はカマドに貯金される仕組みになっています。この経験値は、焼いたアイテムを手動で取り出した時にゲットできる仕組みになっているのです。

なので、貯められた経験値が欲しい時は、一度ホッパーを壊すなどして、焼きあがったアイテムがチェストに排出されないようにした後、焼きあがったアイテムを自力で取り出す必要があるのです。(一応、クリック連打で強引に取り出す方法もあります(笑)。)

カマドに使う燃料について。

カマドに使える燃料は、主に3種類あり、それぞれ特徴があるのです。

木炭

木炭は、基本的な燃料なのです。安全&簡単に手にはいるので、序盤から終盤までおススメ、なのです。

入手法

地上にある木を切って原木を入手して、焼く。

メリット

デメリット

石炭

石炭は、地下を掘ることで手に入れることが可能、なのです。ただし、『鉱石』なので無限に手にはいるわけではないのです。ブランチマイニングや石材を大量に掘っていると、自然に集まっていることが多いのです。

どろっぴ的には、石炭は燃料として使うより、村人との交易に使いたいアイテム、なのです。

入手法

地下に眠っている石炭を掘りだす。

メリット

デメリット

溶岩バケツ

溶岩バケツは、たった1個で100個もアイテムが焼けるので一見強力そうなのです。しかし、溶岩バケツはまとめることができないのです。なので、実は一つのアイテム欄に入れることができる量で焼ける最大数は、木炭や石炭の方が上、なのです。

ので、チェストに大量に入れた場合、意外と早くなくなってしまうのです。

但し、溶岩バケツは、マグマをすくうだけで燃料にできるので、一度ネザーに採掘場を作ってしまえば簡単に手に入れることができるのです。もっとも、ネザーで作業をするので、全ロスの危険性もある、少々危ない燃料もあるのです。

以上の点から、溶岩入りバケツは、どちらかというと上級者向けの燃料、なのです。

入手法

地下・ネザーにあるマグマを、バケツで拾う。

メリット

デメリット


Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス