くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#58 - 鉱石ザクザク!ブランチマイニング場を作るのです。

2018.12.10

Javav1.13.2

809日目、なのです。いよいよブランチマイニング開始!...なのです。

ブランチマイニング会場を作るのです。

前回でブランチマイニング用の地下拠点が完成したのです。今回は、ここを軸に、ブランチマイニング場を作っていくのです。

こんな感じに掘りたい!のです。

今回、ブランチマイニングをする際の掘るルールとして、

というのを決めたのです。それを踏まえたうえで、図のように、拠点を中心として、4方向に広げるような感じで、まずは幹線を掘ってしまいたいのです。

すべての方向に均等に掘っていくことで、拠点に戻りやすくなるというのが狙い!なのです。

ブランチマイニングの方法の一つとして、風車型ブランチマイニングというのがあるのです。特殊な掘り方をすることで、拠点に戻りやすいのが特徴なのですが、掘り方が難しかったり、掘った跡の導線がジグザクになってしまうという欠点があるのです。

なので、このワールドでは、風車ほど効率的ではないが、簡単で戻りやすい方法ということで、このような田の字型ブランチマイニングをしてみることにしたのでした。(通路を作る時に、座標を見ながら掘らなければならないのが、欠点の一つ、なのです。)

通路づくりを開始!なのです。

ということで、さっそく通路づくりをしつつブランチマイニング開始!なのです。掘り始めてすぐ、金を発見!なのです。やはり、ブランチマイニングを始めると、鉱石の手に入れやすさが格段にアップする気がするのです。

幅2マス、高さ3マスの通路を掘っていくのです。ここが幹線になるのです。

そして、洞窟を探してもなかなか出てこなかったダイヤもこの通り!なのです。金ほどは出てきませんが、ある程度掘れば、ほぼ確実に出てくるのです。

やっぱり、冒険より、仕事(作業)の方が、資源を確実に手に入れられるということなのかもしれないのです(笑)。こういうところが妙にリアルなのが『マイクラ』だと、時々思ったりもするのです。

ダイヤ鉱石は8つ固まっていたのです。幸運3のツルハシで掘ったら、ダイヤを一度に23個も手に入れることができたのです。

23個あれば、防具一式は無理ですが、道具一式であれば、作ってもまだ余るのです。あれだけなかったダイヤが一気に手にはいってしまったのです!

これが割と安全に手にはいるのです。ブランチマイニングすごすぎ!なのです。

ダイヤ鉱石8個から23個のダイヤは、かなり運のいい方、なのです。

交差点になる部分には、石のハーフブロック(後に磨かれた花崗岩に変えました)を敷き、拠点のある方向にグロウストーンを埋めて、帰る方向がわかるようにするのです。

碁盤目状に通路を作っているので、帰る方向の目印がないと、広くなった時に迷ってしまうのです。

幹線の中でも、地下拠点と直接つながる軸となる道は、石のハーフブロックで装飾するのです。

ツルハシの修理の為にいちいち地上の拠点に戻るのもめんどくさいので、金床とカマドも地下拠点に設置したのです。

通路部分を掘り終わったのです。

そんなわけで、通路部分を掘り終わったのです。(幅2マス×高さ3マス×長さ100マスを約6本)

ダイヤと金が、それぞれ72個ずつ手にはいったのです。金が72個あれば、パワードレールを72本作れるので、かなりの距離の鉄道延伸が可能なのです。ダイヤ72個もうれしいのです。ただ、ダイヤに関しては、こんなにとれるイメージはないので、もしかすると運がよかったのかもしれないのです。

そんなわけで、無事拠点の下にブランチマイニング場ができたのです。今後は、合間をみて、ちょくちょくと、鉱石堀をしたいのでした。

Writter:どろっぴ



くりすたる・の〜と

ページについて