くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#56 - 要らない装備を大量焼却して、金・鉄をゲット!なのです。

2018.12.06

Javav1.13.2

798日目、なのです。修行の塔で、思わぬものがたくさん手にはいるので、処分方法を考えるのです。

修行していると、防具がたくさん!?...なのです。

前回作った自動仕分け機を別角度から、なのです。機械チックなのが作れると、なんだかとっても満足感、なのです。

他の方が作るのに比べれば、スペースも食うし、全然ショボいのです。でも、自分なりに仕組みを理解したうえで作ったので、自分の中ではうれしいのです。新しいマイクラの楽しみ方を発見!ってな感じ、なのです。

ところで、修行の塔で修行していると、やたら中古の防具が手にはいることに気が付いたのです。ほとんどが革・金製で、たまに、お気に入りのチェーン製の防具が手にはいることも。しかも、エンチャントまでついていたりするのです。

ただ、いかんせん中古品。耐久値が低く、どれも使うのはちょっと難しいかな?という防具ばかりなのです。これをどうしようか?...という話、なのです。

難易度を『ノーマル』以上にすると、モンスターが防具を着てスポーンすることがあり、その防具を落とすことがあるのです。今まで難易度『イージー』でプレイしていたので、トラップタワーを作っても、防具が手にはいることはなかったのです。

要らぬなら、焼いてしまえよ、金防具。

連続で焼くことができる自動カマドを作るのです。

自動カマドの詳しい作り方は、『違う種類も一度に焼ける!自動かまどは簡単に作れるのです。』で詳しく紹介しているので、よろしければ見てみてください。

さて、この手にはいった防具たち。チェーン製なんかは合成修理して耐久力を回復して、修理用の材料にすることも考えられるのです。しかし、それもなんかめんどくさい。金製とか、工事用ヘルメット以外は使い道がない!...という訳で、溶かしてしまうことにしたのです。

不要な鉄・金製の武器・防具・道具は、カマドで焼くと、鉄塊や金塊にすることができるのです。鉄塊や金塊は。9つ集めるとインゴットにすることができるのです。

けっして、効率がいいとはいえませんが、不用品を処分する手段としてはアリ、なのです。

溶かすにはカマドで焼く必要があるのです。しかし、普通のカマドでは、防具は1つずつしかセットすることができないのです。

それではあまりにも不便!!...ということで、連続で焼くことができる、自動カマドを設置することにしたのです。

自動カマドは、画像のようにホッパーとチェストをつなげるだけでできるので、簡単に作れるのです。

防具を連続で焼いていくのです!

さっそく、中断のチェストに木炭をセットして、上段のチェストに、不要である、金・チェーン製の装備を入れていくのです。

間違って、革製の防具を入れてしまうと、途中で止まってしまうので注意!なのです。(何回かやらかしました。エンチャントで光っていると区別が付きにくい、のです。)

一つ焼かれるごとに、一つずつ自動的にセットされ、焼きあがったアイテムは下段のチェストに収納されるのです。

種類(スタック)がたくさんある場合、自動カマドは最大の効率を発揮してくれるのです。

自動で便利な自動カマドですが、カマドで焼いたときにもらえる経験値がもらえない、という欠点もあるのです。トラップタワーがない場合、カマドからの経験値も貴重になる場合があるのです。便利さを取るか、経験値を取るかの二者択一、なのです。

...おまけ程度、なのでした!(笑)

そんなわけで、ラージチェスト1個+1/4個分の装備を焼いた結果、なのです。

革装備もあるので、思ったよりも少ないのです。貴重な金はともかく、鉄はしょぼすぎたのです...。しかも、インゴットにするには9個必要なので...うーん、ちょっと寂しい!!...なのです。

まぁ、もともとは耐久値の少ない、使い古しの防具なので、ないよりはマシ、位に考えた方がいいのかもしれないのです。

そんなわけで、修行の塔に自動カマドが出来上がったのでした。正直、弓などと同様、防具も捨ててしまってもいいかも!?と一瞬思ったのですが、いやしかし、金は貴重品なので、やっぱり焼くことにしたのでした。

自動カマド自体は、大量にものを焼く時は便利なのです。

...など用に、1基はあると便利かもしれないのです。



くりすたる・の〜と (Info.)