くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#54 - 即エンチャント!修行の塔を便利にするのです。

2018.12.02

Javav1.13.2

775日目、なのです。修行の塔にエンチャントテーブルなどを持ち込んで、その場ですぐエンチャント出来るようにするのです。

修行の塔をさらに便利な施設に変えるのです。

4時間(現実時間)をかけて作った修行の塔(天空トラップタワー)、なのです。これで経験値が簡単に手にはいるようになったのです。

あとは、手にはいった経験値をすぐに使えるように、修行の塔にエンチャントテーブルなど、便利道具を設置していくのです。

エンチャントレベルは、レベルが高いほど、次のレベルに上がりにくくなるのです。なので、必要レベルまで貯まったら、即エンチャントしてしまった方が、必要経験値(&経験値を稼ぐ時間)が圧倒的に少なくて済むのです。

マイクラ実況さんの『レベル100』まで上げました〜、とか、憧れではあるのですが...とても、マネできないのでした(笑)。

エンチャントテーブルを移設、なのです。

まずは、拠点に帰って、エンチャントテーブルを持っていくのです。

ホントは、新しく作りたかったのですが、ダイヤの在庫が3個しかなかったので、ここはダイヤを節約するために、あきらめるのです。(エンチャントテーブルを作るには、ダイヤが2個必要です。)

チェストを作るための原木などを持ったら、再度『修行の塔』に向かうのです。

修行の塔...外から見ると巨大なのです。やはり、あれを拠点近くに作るのは...景色を考えてもいかんのです。多少不便でも、少し距離のあるところに作りたくなるのです。

ってか、カリン塔(ドラゴンボール)みたいな白い塔をイメージして作ったのですが...テクスチャのせいか、おおよそ白というよりは、鉄かアルミニウム製に見えてしまうのです(笑)。

...軸がずれているのが、ちょっとだけカッコ悪いのです...。本当に塔のデザインとかにしたらカッコいいのでしょうが、大きさが大きさだけに、資材のことも考えると難しいのでした。

一応、同じような空間を作ることで、地下に建設することも可能、なのです。その場合、近くに作っても景観は乱しませんが、周辺128マスの湧きつぶしをする必要があるのです。洞窟は外から見えないだけに、これは相当大変な作業になるのです。

BE(PE)v1.7.1では必須の作業になるのです。BE(PE)でのトラップ建設が難しい、一番の理由、なのです。

まずは、安全確保、なのです。

タワーの施設を作る前に、まずは安全確保、なのです。なにしろ高さ120メートルを超える高所なので、落ちたら即ゲームオーバー、なのです。

ということで、白いアクリル板(板ガラス)でフェンスを作っていくのです。落下の危険性がないように、(時間はかかりますが)バック工法ではなく、普通に手前に置いていく方法で板ガラスを設置していくのです。

白アクリル板(板ガラス)の設置が完了!なのです。落下防止用なので、2段重ねにしてあるのです。

ホントは鉄柵とかにしたかったのですが、鉄が圧倒的に足らなすぎるので、あきらめたのでした。

いよいよ施設整備、なのです。

安全を確保出来たら、さっそく施設づくり、なのです。

まずは、アイテム収納用のチェストを設置していくのです。

修行の塔(トラップタワー)を稼働すると、経験値の他に、

が大量に手にはいるのです。これらを捨ててしまうのはもったいないので、保管用の簡易倉庫はきちんと作るのです。

簡易倉庫の反対側にはエンチャントテーブルを設置、なのです。革は大量にあるので、本棚は新しく作ったのです。

これで、経験値ゲット→即エンチャント、が可能になったのです!

修理に使うための金床も設置したのです。ちょうど本棚が1か所へこんでいるので、その部分に設置、なのです。

ってか、修理したり合成したりする『金床』の方が、エンチャントテーブルより使うかもしれないのです。

作業台・チェスト・ベッドの3点セットは、もはや基本セットといってもいいのです。エンダーチェストも置いて、アイテム輸送網も確保、なのです。

修行の塔の完成!なのです。

そんなわけで、修行の塔の完成!なのです。ここに来れば、経験値の取得&アイテムの修理がし放題、なのです。

一度、修行の塔(天空トラップタワー)を作ってしまうと、ゲーム性が大きく変わってしまうのです。Javaの特権の一つなので、石系の材料に余裕ができてきたら、ぜひ作りたい施設の一つ、なのです。...というか、作って本当によかったのです!



くりすたる・の〜と (Info.)