くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#40 - 石の建物にはアクリルフェンス!新しい家の完成...なのです。

プレイ記2018.10.31

Javav1.13.1

539日目なのです。今回は、実際に住めるように、周りを整備したり、ガラスをはめたりするのです。

家に行くための道を作るのです。

前回で建物が出来上がったのです。しかし、まだガラスははまってないなど、不完全なところだらけなので、今回はそこらへんを整備して、快適な家に仕上げていくのです。

ってか、家に入ろうとするたび、よじ登らないといけないとか、ありえないし(笑)

まずは、入り口(玄関)を作るのです。入り口は自分の部屋がある2階に直結したいので、まずは中央に階段を作るのです。

階段に続く道を、磨かれた閃緑岩と石レンガブロックで作るのです。石畳みたいな道がイイ感じになるといいのです。

この家は、土を積み上げた高台に作ったのです。ので、下と行き来しやすくするための階段を作るのです。

土を削ったら、攻略済みの洞窟にぶつかったのです。ってか、この洞窟は、花崗岩などを取った洞窟、なのです。つまりは、自分で掘った穴にぶつかってしまったのです(笑)

ぶつかった穴は、とりあえず石レンガで埋めることにしたのです。盛り土の表面自体を、いずれは石系のブロックで覆うつもりなので、その時にはわからなくなるはず、なのです。

そんなわけで、家へと続く道が完成したのです。いずれは、村のメインストリートにつなげたいと思っているのです。

屋上を作るのです。

次に作りたいのは屋上、なのです。屋上はそんなに頻繁にいくわけではないので、ハシゴで行き来できるようにするのです。

梯子は、棒をHの形に並べると作れるのです。ハシゴは、スペースも取らず、簡単に設置できるのです。しかし、上り下りの速度は遅めなので、頻繁に行き来する場所は、できれば階段にしたいところ、なのです。

出口には、アカシアのトラップドアを付けるのです。柵みたいな感じがイイ感じなのです。穴が開いていたら、が降ってくるだろう、というツッコミはなしの方向でお願いします(笑)。

トラップドアは、木材の種類によってデザインが6種類あるのです。

屋上も松明を置いて湧きつぶし、なのです。しかし、せっかくきれいな石で建物を作っても、松明いっぱいだとやっぱり台無し、なのです。

いずれ光源ブロックに変えてあげるのです。

アクリル板なフェンスを設置するのです。

屋上から落ちるとかなり危ないので、フェンスを設置するのです。機能的には木材のフェンスでもいいのですが、せっかくきれいな石で作った建物なので、今回はアクリル板のフェンスにするのです。

まずは、石レンガの階段を、外側が高くなる形で設置していくのです。

本当は、階段部分も磨かれたシリーズを使いたかったのですが、磨かれたシリーズには階段ブロックやハーフブロックがないので、仕方なく石レンガを使ったのです。

階段ブロックの設置が終わったら、その上に板ガラスを設置していくのです。今回は、水色の板ガラスにしてみたのです。

地面に板ガラスをそのまま設置してしまうと、高さが1しかないために飛び越えることができてしまうのです。そこで、階段ブロックを挟むことで、高さを1.5ブロックにしているのです。こうすることで、飛び越えられないガラス板のフェンスを作ることができるのです。

ちなみに、床をすべて下付きハーフブロックで埋めてしまうことで、手前の段差を消すことも可能、なのです。

そんなわけで、屋上の完成!なのです。やっぱり、石ブロックの建物にはアクリル板(実は板ガラスですが(笑))のフェンスが似合うのです。

地面にもフェンスが必要!...なのです。

さて、建物も完成したし、あとはガラスをはめるだけ...と思って階段を下りたら、後ろから変な音がしたのです。振り返ってみると...あ。

羊毛と羊肉が落ちてる...。ひ、羊さんが、羊さんが落ちて...。

これは、丘の部分にもフェンスを設置しないとダメなのです。

とりあえず、仮設工事の状態のままなので、土で埋めたりして、丘の周りを整えるのです。

丘の角をなんとなく丸くしてみたりしたのです。

...ってか、背後に見えている豚さんの数が、またすごいことになっているのです...。誰ですか、こんなに増やしたのは(笑)←もちろん自分です。

動物を繁殖させると、そこそこいい経験値がもらえたりするので、つい増やしすぎてしまうのです...(笑)

丘の整地が終わったら、フェンスを設置していくのです。今回はアカシアのフェンスにしたのです。段差のある部分には、すべて設置していくのです。

松明を置いて、湧きつぶしも忘れずに、なのです。

階段にも忘れずに設置していくのでした。階段の場合、フェンスはない方がスッキリしていいのですが、安全には変えられない、のです。

ガラスとドアを設置...なのです。

動物さんの安全を確保したところで、いよいよ最終工程なのです。まずは、窓に板ガラスをはめていくのです。

ガラスをはめることで、モンスターから見つかることを防ぐことができるのです。安全の意味でも、ガラスを設置するのは重要、なのです。

入り口には、ちゃんとドアも設置するのです。石製の建物に使う場合、ダークオークのドアを使うことが多いのです。高級感があって好きなのです。

ドアも、トラップドアと同じく、木材の種類によって6種類のデザインがあるのです。

新しい拠点の完成!なのです。

そんなわけで、新しい拠点が完成したのです。今までは石レンガをベースに作ることがほとんどでしたが、今回は磨かれた花崗岩をベースに作ってみたのです。

石レンガだと、どうしても灰色ぽい建物になってしまうのですが、今回は明るいベージュ色の建物にすることができたのです。若干の豆腐感はありますが(笑)、それなりに素敵な建物になった気もします。



くりすたる・の〜と (Info.)