くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#24 - 森の村の整地をするのです!

プレイ記2018.09.24

Javav1.13.0

138日目なのです。森の村の湧きつぶしをして安全を確保したいのです。しかし、あの村はデコボコなので、まずは整地をするのです。

安全な湧きつぶしのためには、まず整地、なのです。

今日は、森の村の湧きつぶしをして、安全を確保したいのです。しかし、この村は高低差がけっこうあり、デコボコしているのです。

なので、まずは松明を置きやすいように、整地をするのです。

デコボコが多いと、それだけ影ができやすくなるのです。なので、なるべく平らになるようにして、湧きつぶし漏れが出にくくするのです。

建物の中と、屋根に松明を置き終わったら、さっそく整地、なのです。まずは、土に埋まっている家の救出から、なのです。周りの土を取り除くのです。

わけのわからない水たまりには、橋を架けて通行しやすくするのです。

建物と、周りの道路の高さがあっていないところも、高さを合わせていくのです。段差はなるべくない方がいいのです。

村の中にある、ジャマな木も切り倒してしまうのです。木は残しておいた方が、自然あふれる村でいい感じになるのです。しかし、湧きつぶしを考えた場合は、湧きつぶし漏れの原因になりやすいので、思い切って撤去してしまうのでした。

2段以上の段差は、階段状に整地していくのです。

階段ブロックは、あとでまとめて設置するのでした。

中途半端に作られた道も一回削ってしまいます。

削り終わったら、新しい道を作るのです。

ここなんかは、手抜き工事感が満載なのです。桟橋部分は一段上げて、周りの土の道は1段削るのです。

こんな感じで、ちょっと手を加えてあげるだけで、きれいになるのです。こんな場所がたくさんあるので、すべて直していくのです。

町のメインストリートに当たる階段もひどいものです。ここも当然、幅3マスの階段に作り直すのです。

だいたい整地が完了した状態、なのです。直す場所があまりにも多かったので、すべては紹介しきれていないのです。

最初に比べると、だいぶきれいになったのです。

階段やフェンスを設置していくのです。

整地が終わったところで、階段部分に階段ブロックを設置していくのです。

高低差がある部分にはフェンスを設置して、村人さんが落ちないようにするのです。結果として、この村は低い部分と高い部分の2層構造の村になったのです。全部を平たんするのには、あまりに非現実的、だったのです。

森の村の整地が完了!なのです。

ちょっとわかりづらいのですが、これが整地前。

これが整地後、なのです。自然あふれる感は薄まりましたが、住みやすい村になったと思うのです。

そんなわけで、森の村の整地が終了、なのです。あとは、周りをフェンスで囲って、ライトアップをして、湧きつぶしも完了、なのです。

これで、多少寝るのが遅くなっても安心、なのです。

ドラウンドが生まれたらイヤなので、池の中も、深さを1マスに統一したうえで、一定間隔で松明を置いて湧きつぶしをしてあるのです。



カテゴリ一覧 ページについて

くりすたる・の〜と