くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#22 - 街道の幅を広げて、馬が通れるようにするのです。

プレイ記2018.09.18

Javav1.13.0

107日目なのです。森の道と自宅を結ぶ街道を、馬が通れる幅にまで拡張するのです。馬が使えるようになれば、さらに便利になるのです。

街道の幅を広げる工事をするのです。

#20で作った森の道と自宅を結ぶ街道。人が一人通れる道ですが、これができたことで、村と自宅の行き来がとってもラクになったのです。

しかし、毎回街道を飛脚のごとくダッシュするのは、おなかも減るし、スピードもあんまりでないのです。かといって、トロッコ鉄道を敷くほどの資源もない。

ということで、考えたのが馬の活用!なのです。馬を使えば、おなかも減らず、素早く移動できるに違いない!

しかし、馬は1マスの幅では走れない...ということで、街道拡張工事をすることにしたのです。

馬は、慣れていないプレイヤーが、整備されていない場所で使うと、勢いあまって渓谷に落ちてしまったりして危険なのです。なので、旅をする時には基本使っていなかったのです。

しかし、あらかじめ整備された道を走らせるのであれば、穴に落ちたりする心配もなく、快適に移動できるのです。トロッコのようにワンタッチとはいきませんが、ダッシュするよりは、はるかに快適な移動が約束されるのです。

まずはトンネル拡張工事、なのです。

ということで、まずはトンネル部分を掘っていくのです。幅1×高さ2の通路を、馬が安全に通れる『幅3×高さ3』に拡張するのです。

使用するツールは、前回、村人さんから購入して作った『鉄のツルハシ』【効率強化2・耐久力3・シルクタッチ】なのです。石のツルハシに比べれば快適度は全然違うのです。しかし、掘る面積も3.5倍(2マス→7マス)なので、時間がかかる工事になりそうな予感、なのです。

道幅が広がったので、松明も両側につけていくのです。トンネルの中で匠さん(クリーパー)とご対面とか、ホント、勘弁、なのです(笑)。

ホントは、石レンガとかで装飾したいのですが、そうすると作業量が飛躍的に多くなるので、今回はあきらめるのです。

床や壁を綺麗に装飾するためには、更に一回り(5×5 ... 但し、角部分を除く)大きく掘る必要があるのです。一回り大きく掘ることで、1マスあたりの掘るブロック数が7マス→19マスにまで増えてしまうのです。今のツルハシ事情から考えると、これはかなり厳しいのです。ので、装飾はあきらめるのでした。

途中の石炭は、幸運のツルハシ【幸運3】で掘って、石炭をたくさんゲット!するのです。

石炭に幸運のツルハシを使うのはもったいない、という人もいるのです。しかし、自分は、石炭も幸運3のツルハシで掘る人、なのです。石炭も一応『有限資源』なのです。(とかいいつつ、序盤が終わるとたいてい余るのも、また石炭、なのですが(笑)。)

前回道を作った時にぶつかった洞窟には、しっかりとゾンちゃん(ゾンビ)がいたのです。丸石をうまく壁にしつつ、鉄の剣で倒すのです。

洞窟などの危険な場所と交差する場合、なるべく高さ2マス以上のスペースを空けないように、少しずつ工事をしていくのがコツ、なのです。高さ1マスであれば、抜けられるのは、ちびゾンビとスケルトンの矢くらいに限定されるのです。(クリーパーは、視線が合うと爆発するので注意、なのです。)

洞窟部分は、分かるように石レンガで壁を作ったのです。わかるようにしておけば、将来、ここから洞窟探検を楽しむこともできるのです。

石レンガブロックは、石を4つ固めるだけで手軽にクラフトできるのです。そのわりにきれいなブロックになるので便利、なのです。作業台も必要ないのです。

そんなわけで、鉄のツルハシ【耐久力3】を2本+少し使って、トンネルを掘りぬいたのです。鉄のツルハシでも、思ったよりは掘りぬくことができたのです。(もちろん、ダイヤのツルハシ【耐久力3・効率強化5】とかがあれば、さらに効率よく掘ることが可能、なのです。でも、そんな高級なツルハシは、今は持っていないのです...。)

次に、橋を拡張するのです。

トンネル工事が終わったら、次は橋の幅を広げる工事をするのです。植林しやすいシラカバの木材で、橋の幅を広げていくのです。

トンネル工事で手に入れた石を使ってもいいのですが、見た目がちぐはぐになってしまうのはやっぱりイヤなので、シラカバで統一して橋を作るのです。

階段部分にもきちんと階段ブロックを設置して、なるべくスムーズに移動できるようにするのです。

橋の幅を広げ終わったら、フェンスを設置していくのです。

フェンスは、バックしながら置いていくと、スムーズに置いていけるのです。後ろの安全が確保できているときには便利な置き方、なのです。

作業途中に、ゾンちゃん(ゾンビ)が橋の上に上がってきたのです。驚いて、変なフェンスの置き方をしてしまったのです(笑)。

ゾンちゃんを倒した後、フェンスを設置しなおしたのです。やはり、フェンスの設置は大事、なのです。

フェンスを設置し終わったら、床に直置きしてあった松明を撤去して、フェンスの上に設置しなおすのです。資源は少ないですが、カッコよくできるところはカッコよくしたいのです。

3マスの端のフェンスを両脇に設置すると、その間はおおよそ2マスの幅になるのです。2マスあれば、馬もギリギリ通ることができるのです。

馬も通れる街道の完成!なのです。

そんなわけで、馬も通れる街道の完成!なのです。幅1マスだった丸太橋が、一応、立派な橋に生まれ変わったのです。(欲を言えば、もう少し幅が欲しかったですが(笑)。)

あとは、お馬さんをゲットすれば、快適な移動ができるようになるのです。



カテゴリ一覧 ページについて

くりすたる・の〜と