くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

#19 - 大規模農場を作って農作物を大量ゲット!なのです。

2018.09.10

Javav1.13.0

73日目なのです。畑を一か所に整理するのです。なるべく大きく作って、植える作業や収穫作業をやりやすくするのです。

畑をまとめて作業しやすくするぞ、なのです。

村が見つかると、取引用のエメラルドが欲しくなるのです。で、エメラルドを手に入れるには、農作物をたくさん育てる必要があるのです。

ということで、地形に合わせて作ってきた畑を一回壊して、作業をしやすい畑に作り替えるのです。

エメラルドをゲットするのに一番効率のいいのは、農民と農作物(ニンジン・ジャガイモ・小麦・カボチャ)を交換すること、なのです。

新しい畑を作る場所は、自宅の裏側にするのです。大規模畑を作るには、どうしても広い平地が必要なので、シャベルなどを使って整地するのです。

あまり遠くに畑を作っても、農作物は育たないのです。なので、自宅の近くで、かつ、ジャマになりにくい場所に作るのがいいのです。(面倒ではありますが、地下に作るのも一つの手です。)

まずは整地!なのです。

シャベルでひたすら地面を掘って、たいらにしていくのです。作業面積が広いので、ダイヤのシャベルか、耐久力3付のシャベルが欲しいところ、なのです。(今回は、鉄のシャベル【耐久力3】で作業したのです。)

長さが64マスの畑を作りたいのです。なので、土地の長さは、70マス位を目安に整地するのです。

地面を平らにしている途中、地下湖を発見してしまったのです。これは、かなり厄介、なのです。

土を使って、地道に埋めていくのでした。思わぬところで、土をたくさん使ってしまったのです...。

農作物は土にしか植えられないので、むき出しになった石や砂は、土と入れ替えていくのです。

広さが少し足りなかったので、土を使って土地を拡張するのです。

そんな感じで、広めの平らな土地が出来上がったのです。もう少し幅があるといいのですが、資材もあまりないので、今回はこれで妥協、なのです。

整地が終われば、作業の7割は終わったようなもの、なのです。

いよいよ畑を作るのです。

いよいよ畑づくり、なのです。まずは、5マス毎に、長さが64の水路を掘るのです。

64マス×4マスを1ユニットとする畑を作っていくのです。長さを64マスにすることで、1列植えた時点で、ちょうど1スタック(64個)分の種を使い切るようにすることができるのです。

結果として、列の移動と、アイテムの切り替えのタイミングが一緒になるので、少しだけ快適に農作業をすることができるようになるのです。

水路を掘り終わったところ、なのです。64マスは想像以上に長いのです。(一番右は、小麦とサトウキビを植える場所なので、4マス幅ではないのです。)

畑全体をフェンスで囲っていくのです。横移動ができるように、水路とフェンスの間を1マスあけるのを忘れないのようにするのです。

かなり、整備された感が出てきたのです。『海風』が心配ですが、マイクラなので問題ないはず、なのです(笑)。

水路に水を入れていくのです。

水(水源)は、横に3マス並ぶと、真ん中のマスからいくらでも取ることができるようになります(無限水源)。なので、バケツは1個でも大丈夫、なのです。

水路の上に、上付きハーフブロックを置いて、フタをするのです(暗渠(あんきょ)化)。こうすることで、水路に落ちた農作物を拾う手間が省けるのです。


●参考画像。上付きハーフブロックを置いても、下の部分には水がちゃんと残っているのです。

Javav1.13.0BE(PE)v1.5.0からは、水源の上からハーフブロックや階段ブロックを重ねておくことで、水とブロックを共存させることが可能になったのです。なので、上付きハーフブロックを重ねても、水源としての機能を損なうことはなくなったのです。(以前は、水源の上のマスにカーペットを敷くことで、同じような機能を実現していたのです。)

水路にふたをかぶせ終わったら、石のクワで地面を耕していくのです。

クワは、石製で十分、なのです。木でもダイヤでも、耕すスピードは変わらない!のです。

最後に、2マス毎に松明を置いて、明るさを確保するのでした。

ある程度の明るさがないと、農作物は夜に育たなくなるのです。PC作業の裏で放置することを考えると、明るさの確保は大切、なのです。

農作物を植えて、完成!なのです。

あとは、ニンジン・ジャガイモを交互に植えれば、大規模農場の完成!なのです。

大規模というには、ちょっと物足りない気もしますが(あと1ユニットは欲しかった)、これで、取引用のニンジン・ジャガイモを大量生産できるようになったのです。

ニンジン・ジャガイモを大量に手に入れる方法としては、農場の大規模化のほかに、完全自動化もあるのです。ただし、完全自動化は村人を使ったりと、わりと難しそうなのです。ので、今回は大規模化を選んだのでした。



くりすたる・の〜と (Info.)