どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(JE)

JE #5 - シラカバ植林場を作って木材確保!なのです。

2018.08.15

Javav1.13.0

5日目なのです。一番簡単なシラカバ植林場を作って、原木を確保するのです。原木があれば、木炭も建材も確保できるのです。

朝日もこれで4回目、なのです。

4日目の夜が過ぎ、4回目の朝日を迎えたのです。(初日は朝日が上がった後からのスタートなので、1日ずれるのです。)

初めはレアでうれしかった朝日ですが、さすがに4回も経験すると、なれてきちゃったのです。

...ここまできたら、7日くらい、連続して徹夜しちゃうんだからねっ!(←マテ)

徹夜4日目から、一定の確率でファントムという飛行型モンスターが現れ始めるので要注意、なのです。ただし、彼らは屋根の下にいれば現れることはないのです。ので、ベッドなし生活を続ける場合、4日目以降の夜は、必ず屋内にいることが大切になるのです。(もちろん、ファントムとバトルをしたい場合は別、なのです。)

...そして、今日も安定して匠(クリーパー)が周りにいるのです。せっかくいろんな施設が整ってきたのに、壊されてはたまらないので...。

...さっさと、遠くまで逃げてしまったのでした(笑)。

原木・木材を安定して確保したいのです。

前回までで、食料の確保はほぼ完ぺきになったのです。そうなると、次に確保したくなるのが原木、なのです。木は、

...など、使う場面がとても多いのです。マイクラでは基本の材料といってもいいのです。

木は、植えなおせばいくらでも取り放題なのです。が、植えなおさないと、いずれはなくなってしまうのです。(とはいえ、動物に比べると数は大量にあるので、実際に取りつくすのは、かなり大変だと思います。)

ということで、植林場を作ることにするのです。今回は、簡単に作れる『シラカバ』の植林場を作りたいので、まずは木を切って、葉っぱを散らして苗木を確保するのでした。

木は、幹さえ切り取ってしまえば、葉っぱは勝手に落ちてくれるのです。苗木もその時に一定の確率で落ちるので、無理して葉っぱを破壊する必要はないのです。

シラカバの苗木を手に入れたら、そこらへんに適当に植えるのです。明るさ確保のためにとなりに松明を置いたら、それで一応の完成!なのです。

植林場は、木の種類によって作り方が違うのです。その中でも、シラカバの苗木は手にはいりやすく、植林場自体も一番簡単に作りやすいのです。

ということで、序盤に作るのであれば、ぜひシラカバをおススメするのです。

シラカバは植えるだけでもいいのですが、一応周りはフェンスで囲うのでした。

ベッドを使って、モンスターのスポーンをスキップしていない場合、朝方に木の陰に匠さん(クリーパー)がいる可能性もあるのです。それはとってもイヤなので、植林場をフェンスで囲い、中を明るくして安全を確保したいのです。

作業途中で夜になってしまったので、あわてて『オリ』の中に帰ってきたのでした。

昨日の時点で一応完成はしているのです。が、植林場の面積を、もう少し広くしたいのです。ので、土を使って少しだけ整地をするのです。

フェンスも一回壊して、設置しなおすのでした。

湧きつぶしを兼ねて、苗木を植える位置のガイドとなる『松明』を設置して、改めて完成!なのです。

簡単な植林場の完成!なのです。

そんなわけで、簡単な植林場が完成したのです!

畑に牧場に植林場。だんだんと生活基盤を揃えていくのが、マイクラをプレイして楽しい部分の一つだったりするのです。


Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス