どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ記(BE-4)

BE #155 - 待機所と処理システムを合体させるぞ!...なのです。

2019.12.16

BE(PE)v1.13.1

待機所から、トラップがちゃんと稼働しているか、わかるように改造するのです。

『スライム』に関しては、別記事にまとめてあるのです。よろしければどうぞ、なのです。

まだ、Ver1.13.1なのです。

この記事は、まだBE(PE)v1.13.1でプレイしているのです。BE(PE)v1.14.0に切り替わるのは、もう少し先になるのです。

待機所から『見える』ようにしたいのです。

前回で、一応稼働するようになった『スライムトラップ』。ですが、今のままだと、きちんと稼働しているかどうかを待機所から見ることができないのです。これをどうにかしたい!...のです。

...ということで、トラップの下をすべて掘りぬいてみたのです(笑)。今回は、ここに処理システムを移動して、待機所から稼働状況を『見える』ようにしたいのです。

今回は、見た目も考えてトラップの下をすべて掘ったのです。実際には、スライムを『落とす』部分と、待機所を少し広げる部分だけ掘れば、機能はするのです。

まずは、地下空間の整備、なのです。

まずは、掘った地下空間を整備するのです。床を平らにしてシーランタンを埋め込んだのです。

トラップの真下ということは、ここも当然スライムチャンク=スライムが湧くのです。こんな広い空間に湧かれるのはいろいろ不都合があるので、下付きハーフブロックを敷いて湧きつぶしをするのです。使う材料は、安定の滑らかな石(ハーフブロック)、なのです。

下付きハーフブロックを敷き終わったのです。外周は『壁』になるので、磨かれた閃緑岩&光源となるシーランタンを設置してあるのです。

壁に、装飾用の磨かれた閃緑岩を設置していくのです。高度が5の倍数の壁には、シーランタンも埋め込んでいくのです。

むき出しの壁に見えている、閃緑岩や花崗岩も、忘れずに回収しておくのでした。

ということで、スライムトラップの下に、広い地下空間ができたのです。

新。処理層を建設していくのです。

地下空間の準備が終わったら、処理層を下に移すための施設を作るのです。

まず、作業中にスライムが落ちてくると厄介なので、水路を封鎖するのです。この壁の作り方だと、一番小さいスライムは通り抜けられてしまいますが、一番小さいスライムは無害なので、これで問題ないのです。

処理層にあった、水流やホッパーなどを撤去したのです。チェストは、中身がいっぱい詰まっていたので、そのままにしてあるのです。

処理層の床を掘って、下にスライムを落とせるようにするのです。

...と、ここで問題が発生したのです。下の地下空間の大きさが狭すぎて、水路があった場所すべてに穴をあけることができなかったのです。

ということで、穴に直接落とすのは半分だけにして、もう半面は水流で流すことにしたのです。これで問題は解決、なのです。

...巨大な空間を掘るのに疲れてしまったので、残りは次回、なのです。次回は、処理層を待機層に作り直して、『見える化』するのです。

Writter:どろっぴ



人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)