どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ記(BE-3)

BE #147 - シーランタン工場を改造するぞ!...なのです。

2019.11.26

BE(PE)v1.13.1

シーランタン工場を改良していく回、なのです。

スポンサーリンク

ガーディアントラップの詳しい作り方については、別ページにまとめてあるのです。よろしければどうぞ、なのです。

シーランタン工場を改良するのです。

どろっぴワールドのシーランタン工場(ガーディアントラップ)なのです。きれいで使いやすい照明ブロック『シーランタン』を生産してくれる大切な施設、なのです。

ドロップワールドの工場は、BE(PE)v1.13.1でも正常に動いているのですが、場合によっては動かなくなってしまっている事例もあるみたいなので、一応対策をしておくことにしたのです。

トラップがうまく動かなくなる原因は、『ガラスに囲まれた1マスにモンスターがスポーンするときの条件』が関係しているっぽいのです。なので、どこにスポーンしても、2×2マスのスペースが確保できるように改造するのです。

トラップの大きさを少し大きくするのです。

今回は、トラップの『落下&湧き層』を、今までの『2×3マス』から、『湧きブロックを中心に3×3マス』に改造するのです。その為には、まず外側にガラスを新たに設置しなくてはいけないのです。

...ということで、暗視&水中呼吸のポーションを飲んで、海中にガラスブロックを設置していくのです。設置していく場所は、既存の筒の一つ外側、なのです。

ガラスブロックの設置が完了したのです。手前側のガラスが2マスの幅になっているのです。あとは、中をくりぬけば、3×3の湧き層&落下層になる、というわけなのです。

...さっそく、中のガラスをくりぬいていくのです。

湧き層の水を撤去し、看板も取り外してしまうのです。

作業をしやすくする為に、湧き層の中心部分(モンスターが湧く部分)に、一時的な柱を建築するのです。

高度59まで柱を建てたら、周りに水を止めるための看板を設置するのです。筒の大きさが3×3になったので、看板の数も8枚に増えたのです。

ガーディアンを湧かせるためのブロックは1マスあれば十分なので、直下の2マスを削ってしまうのです。あとは、中心のブロックを削りながら降りつつ、改造作業をしていくのです。

...内側のガラスを削っていくのです。

海底神殿内部や、海底神殿下部からは、ガラスを削ると水が漏れだしてしまうので、新しくガラスブロックを設置して水を防ぐのです。この作業が一番めんどくさかったのです。

トラップ内部のブロックを、『松明&石レンガ』から、『磨かれた安山岩&シーランタン』に置き換えていくのです。普段見えない部分なので、しなくてもいい作業なのですが、ついつい、こういう所にもこだわってしまうのでした。

見えない部分の『装飾』にこだわる必要はありませんが、(地下)施設は『自然界に存在しないブロック』で建築しておくと、外部から掘り進んだ時等に誤って壊してしまうリスクを減らすことが可能、なのです。

筒の大きさにあわせて、ホッパーの数も増やしておくのでした。

最後に、湧き層に水を張りなおして、改造は終了、なのです。

シーランタン工場の改造が完了、なのです。

試しに下に降りてみると...ちゃんとガーディアントラップとして機能しているのです。これで、これからもシーランタンを手に入れることが可能、なのです。

そんなわけで、シーランタン工場の改造が完了したのです。この工場は、どろっぴワールドの中でも、かなり大切な施設の一つなのです。作り方がトリッキーなので、いつアップデートで動かなくなるかビクビクしている施設の一つでもあるのですが...いつまでも動いてくれることを祈るばかり、なのです。

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)