どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ記(BE-3)

BE #127 - 神社の屋根を作っていくぞ!...なのです。

2019.10.12

BE(PE)v1.12.1

今回は、神社の屋根を作っていくのです。和風な屋根特有の独特のアーチが難しいのです。

スポンサーリンク

建物に屋根を付けてみるのです。

前回で、神社の建物まで建築したのです。今回は、この建物に屋根を付けていくのです。

まずは、軒先を伸ばすのです。

まずは、赤いコンクリートを使って、軒先を伸ばしていくのです。伸ばす量は2マス。ちょうど、テラス部分と同じ位置まで伸ばす感じにするのです。

軒先を付けた状態、なのです。これに平たい屋根をつけるだけでも、それなりに見栄えのする家になるかもしれないのです。やはり、でっぱりがあるのは大事、なのかもしれないのです。

屋根はエメラルドグリーン?...なのです。

屋根の素材は、瓦を模して普通の石レンガでもいいのです。しかし、今回は、インスパイア元の『織姫神社』にならって、エメラルドグリーンにするのです。

エメラルドグリーンのブロックといえばプリズマリンレンガ。...ということで、シーランタン工場へやってきたのです。シーランタン工場がちゃんと稼働しているのを確認したら、プリズマリンレンガを持ち帰るのです。

赤レンガの軒先から少し伸ばす感じで、プリズマリンレンガ(ハーフブロック)を設置していくのです。和風建築の屋根は、先の方が微妙にカールしていたりするのですが、このサイズでそれを表現するのは無理があるので、これで妥協するのです。

とりあえず、1列だけ建築をしてみて、様子を見るのです。画像ではわかりづらいのですが、ハーフブロック×2+階段ブロック×3を使用することで、和風屋根独特のアーチを表現してみたのです。

下に降りて確認なのです。...うん、なんとかなりそう、なのです。

試作した屋根に合わせて、他の部分も伸ばしていくのです。今回は、屋根の中はきちんと埋めないのです。湧きつぶしの松明だけ置いて、あとはゴマカシ、なのです(笑)。

片側の屋根の建築が終わったのです。

下から見てみるのです。...そんなに大きくは狂っていないっぽいのです。よかったのです。

屋根の側面の壁を作っていくのです。屋根の1マス内側に白いコンクリートブロックを設置していくのです。

外側から確認してみると...端っこの方に一部分だけ緑色のブロックが見えてしまっているのです。とはいえ、コンクリートにハーフブロックは存在しないのです...。

ということで、最下段にもプリズマリンレンガ(ハーフブロック)を設置することで、ゴマカシテみたのでした(笑)。

側面が出来上がったら、表側と同じ感じで、裏側にも屋根を設置していくのです。

頂点部分は、普通サイズのプリズマリンレンガブロックで閉じるのです。

更に、下付きハーフブロックを重ねて湧きつぶし、なのです。実物の屋根も、頂点部だけ少し高くなっていたので、いい感じにしあがる...と思われるのです。

外側から確認なのです。ちょっと屋根のカーブがきつい気もしますが、まぁ、許容範囲ということにしておくのです(笑)。

屋根ができて暗くなったので、壁に松明を挿しておいたのです。

神社の屋根が一応完成...なのです。

そんなわけで、神社の屋根が一応完成したのです。ちょっと頭でっかちな感じがしなくもないので、下の建物部分を広げてバランスを取る必要があるかもしれないのです。

ってか、神社という割には、なんか派手な気もしますが...まぁ、マイクラのセカイの神様は派手モノ好きということで、ゴマ化すことにするのです(笑)。

(次回へ続く、なのです。)

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)