どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ記(BE-3)

BE #118 - スケルトントラップの安全確保!...なのです。

2019.09.16

BE(PE)v1.12.0

夜の地上で待機なんて危なくて仕方がない!...ということで、スケルトントラップ自体の安全を確保するのです。

スポンサーリンク

安全に待機する施設が必要、なのです。

前回、周りを綺麗にしたスケルトントラップ、なのです。景色的にはこれで問題ないのですが、このままだと安全に待機できないという問題が、まだ残っているのです。

...ということで、スケルトントラップ周辺の安全を確保するのです。

これは、地上むき出し型トラップの弱点、なのです。通常の洞窟内に建設するトラップであれば、周りをふさぐだけで安全が確保できるのです。

まずはシーランタンで湧きつぶし、なのです。

地上の安全確保をする時のお決まりといえば、フェンスで囲って湧きつぶし、なのです。なので、まずは、一番外側にシーランタンを埋め込むための溝を掘っていくのです。

溝にシーランを埋め込んでいくのです。なんてぜいたくな使い方!...なのです。BE(PE)は、わりと簡単にガーディアントラップを作れるのがいいところ、なのです。なにより水抜き不要なのがウレシイのです。

白色のテラコッタの部分にもシーランタンを埋め込んでいくのです。テラコッタ系のブロックはハーフブロックがないので、下に照明を置いて隠すという技が使えないのが残念、なのです。

そんなわけで、シーランタンを使った湧きつぶしが完了、なのです。せっかく、陸上トラックみたいで綺麗だった地面が、ちょっぴりダサくなってしまったのです。

やはり、ハーフブロックが欲しいなぁ、と、思ってしまうのでした。

フェンスで囲ってモンスターの侵入を防ぐのです。

湧きつぶしが終わったら、周りをアカシアのフェンスで囲うのです。今回は村人さんがいるわけではないので、1段の簡単なフェンスにするのです。

入り口となるフェンスゲートはダークオークにしてみたのです。なかなかカッチョイイかも...しれないのです。

フェンスで囲うと、『施設感』が増すのです。

チョコレー島ハウスがある高台から眺めてみたのです。地上むき出しで作られたスケルトントラップを見ると、思ったよりは単純な仕掛けであることがよくわかるのです(笑)。

待機用スペースを作るのです。

スケルトントラップは、一応放置型施設なのです。なので、安全な待機スペースを作るのです。簡易施設としては簡単安心安全のオリハウス、なのです。

どうせ、『モンスターが近くにいて眠れません!』といわれて怒られるので、ベッドは設置していないのです。

スケルトントラップの周りが完成!...なのです。

そんなわけで、スケルトントラップの周りの整備が完了したのです。地上型トラップは、見た目は面白いですが安全確保には手間がかかるのでした。

これで、安心してスケルトンを貯めることができるようになったのです。

ちなみに、待機中の様子はこんな感じになるのです。

15分ほど放置すると、こんな感じになるのです。おおよそ70匹近くたまっているのです。経験値にすると、おおよそ400程度、なのです。長時間放置できれば、経験値トラップとしてもそこそこ使える...かもしれません。

ちなみに、自分は、野菜の大量売却で経験値を稼いでいます。エメラルドがついでに手に入るのがおいしい、のです。

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)