どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #114 - スケルトンスポナートラップを作るぞ!...なのです。

2019.09.06

BE(PE)v1.12.0

せっかくスポナーを見つけたので、トラップを作ってみるのです。

スポナー式トラップを作ってみるのです。

せっかくスポナーを見つけたので、スポナー式トラップを作ってみるのです。

もっとも基本的なトラップの作り方はこちらで紹介しているのです。

  1. 湧き数制限範囲から強制的にモンスターを連れ出して、
  2. 無限にモンスターをためてから、
  3. 一気に倒して経験値大量ゲット!

というのが、スポナー式トラップの基本的な仕組み、なのです。

今回作るトラップも、基本的なトラップとほぼ同じなのです。ただ、モンスターを搬送する途中にダメージを加える装置を付けくわえて、モンスターを倒しやすくするつもり、なのです。

基本的なトラップに比べると作るのは少し難しくなりますが、より実用的になるはず、なのです。

BE(PE)v1.12.0では、範囲ダメージが存在しないので、複数のモンスターを一気に倒すことができないのです。なので、トラップ側でダメージを与えて、少しでも早く倒せるようにしたのです。

スポナーのまわりを綺麗にするのです。

ということで、まずはスポナーの周りの丸石の壁を撤去するのです。せっかくきれいに掘りだしたのですが...まぁ、もともとそんなに綺麗な建造物でもないので、壊しても未練はないのです(笑)。

今回は、地上むき出しのスポナーなので、湧きつぶしなどは特に必要ないのです。しかし、実際には洞窟内にあるパターンがほとんどだと思うのです。その場合は、松明などを使って明るくしながら作業をする必要があるのです。

丸石の壁を綺麗に取り払ったのです。スポナー部屋の床の部分だけが残っている状態、なのです。

スポナーの周りの床を掘り下げていくのです。

一段分だけ掘り下げてみました。サイズはスポナーを中心に11×11マス、なのです。

スポナーからモンスターが湧く範囲は9×9×5(高さ)マスなのです。なので、壁の装飾用のブロックを設置する分を含めて11×11マス分掘ったのです。

深さを3段分掘り下げたのです。モンスターが湧く範囲はスポナー上下2マスなので、3マス分を掘りさげたのです。

石レンガブロックで装飾して、スポナー周りの整備は完了、なのです。この部分にモンスターが湧くことになるのです。

今回はスポナー向きだしパターンなので、下半分のみの整備、なのです。通常の洞窟内にあるスポナーの場合は、上半分も同様に整える必要があるのです。

モンスターを運ぶための水路を作るのです。

スポナー式トラップでは、モンスターをスポナー周辺から運び出すのが大切、なのです。なので、搬送用の水路を作るのです。

まずは、枠部分の一番端を水路にする為に、一段掘り下げるのです。

水は8マス分しか流れないので、9マス目の部分から、更に1段掘り下げるのです。

途中で見つけた金鉱石は、きっちり回収するのです。メサはホントに金が簡単に手に入っていいのです。鉄道網を作りたい場合には、ぜひとも見つけたい土地、なのです。

外側に8マス分伸ばしたら、更に1段掘りさげ、1マス開けてソウルサンドを設置するのです。

ここで、1段下げずに直接水流エレベーターにつなげてしまうと、スケルトンがつまってしまってうまく稼働しないことがあるのです。

今回は、トラップタワー側でダメージを与えるために、水流式エレベーターでモンスターを一度持ち上げる仕組みを取り入れるのです。その為に、水路を途中で曲げて、その先にソウルサンドを設置したのです。

ダメージを与える仕組みを取り入れない場合は、『超簡単な『スケルトン(ゾンビ)トラップ』を作ってみたのです。』の時の様に、まっすぐに伸びる8マスな水路を作るだけでOK、なのです。モンスターを連れ出すにはそれで十分、なのです。

水路に合わせて、壁を建設するのです。

ソウルサンドを設置したブロックの隣の壁に、看板を縦に3つ設置するのです。

この看板は、水流エレベータを作った時に外側に水が漏れないようにする為のもの、なのです。

看板の上の部分は、石レンガブロックでふさいでおくのです。

外側から見ると、こんな感じ、なのです。

外から中の様子が見えるように、看板を設置した部分をガラスブロックに変えておいたのです。

ガラス窓を設置する場合は、スポナーの湧き部分からある程度離す必要があるのです。近すぎると、外の光が内部に漏れてしまい、湧き効率が落ちてしまうのです。

(次回へ続く、なのです。)

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス