どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #100 - 専門村を作ると便利なのです。(#51-100まとめ)

2019.08.02

BE(PE)v1.12.0

シーズン3・100回目ということで振り返り回、なのです。今のマイクラは、専門村を作ると、かなり便利になるのです。

ついに#100に到達!...なのです。

シーズン3のワールドが、ついに#100に到達したのです。同じワールドで#100まで到達したのは初めて、なのです。...ということで、今回は【#51-#100】で建設したものなどを、ざっくりと見ていってみたいのです。

(※今回は、コピーしたワールドを準備したうえで、コピーワールドをクリエイティブモードにして撮影しています。)

白い灯台(初期スポーン地点)

まずは、初期スポーン地点なのです。ここには白い灯台を建てたのです。今のところ、自分の中では一番のお気に入りの建物、なのです。

ゲームオーバーになると、灯台の展望台部分にリスポーンするように設計されているのです。灯台の中にはネザーゲートが設置されていて、物資が豊かなモノツクール村まで、安全に帰れるようになっているのです。

そんな、ゲームオーバー対策も兼ねた灯台、なのです。

夜になると、より明るく美しく目立つようになるのです。とはいえ、マイクラのサバイバルで夜を迎えることはあまりないので、この姿を見ることはあまりないのです。

初期スポーン地点〜モノツクール村

初期スポーン地点から、モノツクール村までは道を整備したのです。地上を経由する場合、今までは森を抜けたり川を泳いだりしなければいけなかったのですが、道と橋が整備されたことにより、簡単に行き来できるようになったのです。

もっとも、ネザー経由の方が早いので、実際に使うことは、あまりなかったりするのです。

モノツクール村(農民村)

現在の拠点である『モノツクール村』なのです。左側にある建物が『農民村』で、主に農民さんが28人暮らしているのです。他にも各職業の村人さんが一人ずついて、各職業毎のお店が、道路に面する形で設置されているのです。

最初は農民さんだけにするつもりだったのですが、各職人が仕事時に発する音が気に入ってしまい、結局、全職業を揃えてしまったのです。

その右側にあるのは、巨大カボチャ&スイカ畑、なのです。ここで生産したカボチャ&スイカを、農民村の農民さんに売って、経験値&エメラルドをゲットする仕組みになっているのです。

農民村&巨大畑は、一回収穫して農作物を売りまくると、エメラルドが約330個(36ブロック)と、Lv.0→30になるだけの経験値をゲットすることができるのです。ダイヤのツルハシ1本程度なら、余裕で直すことができるのです。

欠点は、カボチャが育つのに時間がかかること、なのです。収穫&売却自体は1日(マイクラ日時)で終わるのですが、農作物が育ちません(笑)。

畑の下にあるのは以前からある、赤レンガ倉庫。その隣の小さな家が拠点、なのです。

BE(PE)v1.11.0〜、取引システムが大きく変わってしまい、一人の村人さんで1日に取引できる量に制限がかかってしまったのです。なので、たくさんの農民さんに売ることで、経験値が確保できるようにしてあるのです。

鍛冶屋村

モノツクール村から少し南にあるのが、鍛冶屋村なのです。この村には、武器鍛冶×3・道具鍛冶×3・防具鍛冶×4が住んでいて、ダイヤツールを売ってくれるようになっているのです。

他に、石工さんが20人以上いるのです。彼らはレンガブロック、そしてクォーツブロックを売ってくれる、貴重な村人さんたち、なのです。

BE(PE)v1.11.0〜、新しく生まれた石工さんは、今までレアだったレンガやクォーツブロックを交換してくれる貴重な村人さん、なのです。なので、たくさん育てて、たくさん交換できるようにしてあるのです。

巨大麦畑

モノツクール村の北、森の石細工村(名前だけ)の脇には、巨大な麦畑を作ったのです。これは完全にお遊び施設ですが、以前からやりたかったこと、なのです。

地面をならして耕して、種を植えるだけなので作業自体は難しくないのです。しかし、とにかく広い。広いので建築にはかなりの時間がかかったのです。ダイヤのクワ(耐久力3)を2本分使い切るとか、普通にサバイバル生活をしているだけだと、なかなかないこと、なのです。

ホントに、トラクターとかが欲しかった、のです(笑)。

とりあえず、これで、このワールドで小麦には一生困らないのです。(そういう目的で作ったわけではないのです。)

ちなみに、麦畑の奥にある神殿風の建物は、以前からある、司書さんだけを集めた神殿なのです。

天空トラップタワー

BE(PE)v1.11.0で、大きく変わったのが、村人さんの取引と、モンスターの湧き範囲、なのです。

モンスターの湧き範囲が、6チャンクの円柱状から、55マス前後の球状に変更された結果、モノツクール村の4連地上トラップタワーがうまく稼働しなくなってしまったのです。

その代わりに、Javaの様な天空トラップタワーを作ることが可能になった...ということで、建築した施設、なのです。

4連式に比べてアイテム取得効率は落ちましたが、代わりに安定して稼働するようになったのです。結果としては、現在のトラップタワー方が圧倒的に使いやすいのです。

とはいえ、またいつ湧き範囲が変更されるのか?と考えると、頭の痛い問題だったりするのです。トラップタワーづくりは、システムの更新との闘い、なのです。

シーランタン工場(ガーディアントラップ)

モノツクール村から、かなり北の海にあるのがシーランタン工場、なのです。この施設は以前からあるのですが、モンスターの湧き範囲が変更されたことで、大幅に稼働効率が上がったのです。バージョンアップの恩恵を、一番受けた施設かもしれないのです。

砂漠の村とピラミッド

シーランタン工場から西の方に進むと、砂漠の村があるのです。つい最近発見した村で、とりあえず、安全確保のための整備をしただけ、なのです。

いずれ、発展させるかどうかは、まだ未定、なのです。

ピラミッドは、周りの砂などを綺麗に取り除いてみたのです。結果、美しい形を見ることができたのです。

綺麗な形で生成されることは、かなり稀だと思うのです。

村は職業別に用意すると便利かも?...なのです。

そんなわけで、【#51-#100】で作った施設などを軽く紹介してきたのです。今回作った施設は、村人さんに関係するものが多いのです。

特に、農民村と巨大カボチャ&スイカ畑は、完成してしまうと、ゲームが『農業クラフト』(笑)に代わってしまうくらい、便利な施設なのです。経験値とエメラルドの確保が、格段にラクになるのです。金のニンジンも買い放題、なのです。

石工村も、一つ作っておくと、レンガブロックやクォーツブロック、テラコッタ系のブロックを手に入れやすくなり、建材の幅が広がるのでした。ってか、レンガがクォーツブロックが無限資源って、以前では考えらなかったこと、なのです。

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス