どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #91 - ついに砂漠を発見したぞ!...なのです。

2019.07.15

BE(PE)v1.11.4

アカシアの村からさらに先に進むと、ひろ〜い砂地が広がっていたのです。

アカシアの村の更に奥に進むのです。

(※この記事は、書き貯めをしている関係で、BE(PE)v1.11.4でのプレイになるのです。)

#89で発見したアカシアの村、なのです。今回は、更に奥に進んで、新しいバイオームを見つけたいのです。

氷塊と雪をゲット!...するのです。

奥に進む前に、氷塊と雪をゲットすることにしたのです。雪は雪だるまを作るのに必要ですし、氷塊もトラップなどで使う時がくるかもしれないのです。行商人からエメラルド×3でも買えますが....高いのです。

...ってか、氷塊や、その上のグレードである青い氷はとっても硬いのです。ツルハシでもなかなか壊れないので、なかなかに厄介!...なのです。

BE(PE)v1.12.0からは、氷系のブロックはツルハシを使うことでサクサク壊せるようになるそうです。早く試してみたのです。

雪もゲットするのです。ってか、雪はゲットすると雪玉になるのです。4つ合わせると雪ブロックになるのです。雪ブロックは、何気に真っ白なブロックなので、素材を気にしないのであれば、意外な使い道あるかもしれないのです。

アカシアの森を進んでいくのです。

氷塊と雪玉をゲットしたら、アカシアの森を進んでいくのです。さっきまでの冷たい感じとは正反対。草こそ生えていますが、全体的に枯れている感じが、明るくても普通にモンスターとかでできそうな雰囲気で、少しだけ怖いのです。

アカシアの森(サバンナ)は十分明るいので、実際にはモンスターはほとんどスポーンしないのです。

森を抜けると、海が広がっていたのです。砂浜の入り口がえぐれていて、小さな滝になっていたのです。

ってか、普通なら、こういう構造であればだんだんと水が溜まって池になっているはず、なのです(笑)

マイクラでは、『水』は水が発生する『水源』と、水が流れる『水流』という、2種類の『ブロック』として表現しているのです。水量という概念はほぼないので、こんな不思議な場所が生まれてしまうのです。

左手にアカシアの森の大地をながめながら、海岸線を歩いていくのです。

対岸に、砂地が広がっているのです。あれはもしかすると、砂漠かもしれないのです。もちろん、広い砂浜である可能性も否定はできないのです。

海を渡った先は...広大な砂地だったのです。しかも、サボテンも生えているのです!

そんなわけで、砂漠を見つけることができたのです。

...そんなわけで、このワールドでも砂漠を見つけることができたのです。これで、ガラスに困ることはもうないはず!...なのです。

この砂漠も冒険してみたいのですが...残念なことに、地図の端まで到達してしまったのです。地図なしの冒険は少し怖いのです。ので、ちゃんと地図を準備してから、改めて砂漠を歩きたいのでした。

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス