どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #86 - 黄金色の絨毯!巨大麦畑ができました!...なのです。

2019.07.04

BE(PE)v1.11.4

とうとう、おっきな畑に小麦をすべて育てることができたのです。実りの秋の到来、なのです。

おっきな畑が小麦で埋め尽くされたのです!

前回、すべて植えきることができずに終わった麦畑、なのです。あれから、頑張って種を生産して、小麦を植え続けたのです。その結果...。

黄金色の絨毯。巨大麦畑、なのです。

むふ、むふふふふ。この巨大な小麦畑を、是非是非見てほしい!...なのですよ。しかも、調子に乗って、さりげなく面積も拡大しちゃったのですよ(笑)。

これ、これがやりたかったのです。見渡す限りの黄金色の絨毯!う、美しい!...なのです。

巨大小麦畑は、小麦を植えまくればいいだけなので、技術的に作るのは難しくないのです。しかし、作る手間だけはめっちゃかかるのです。これをサバイバルで完成...めっちゃうれしい!...なのです。

小麦畑に手を加えていくのです。

そんなわけで、おっきな黄金色の絨毯は完成したわけですが、いざ実際に出来上がってみると、直したいところが出てきたりするのです。ということで、さっそく手を加えていくのです。

とりあえず、道路と畑の境にあるフェンス。これがなんとなく不満なので、取り払いたいのです。

とはいえ、畑の中にモンスターや動物が入ってしまうと荒れてしまう原因になってしまうのです。なので、畑全体を大きく囲うことにしたのです。

...ということで、かなり不自然ではあるのですが、道路の途中にフェンスゲートを設置して、道路ごとまるっと敷地にしてしまったのです。

外側の道路の外側にもフェンスを設置して敷地化するのです。

フェンスを通す場所にあった『穴』は、土で埋めてしまうのです。この畑、将来的にはもう少し拡張したいので、その下準備、なのです。

畑全体をフェンスで囲い終わったら、道と畑を区切っていたフェンスを撤去していくのです。

モンスター程の危険はないですが、動物が現れると畑を潰してしまう可能性があるので、草ブロックのある敷地は、一応範囲外扱いにしておくのです。

フェンスの撤去が終わった後の小麦畑、なのです。これ、これがイイ感じ、なのです。

畑に小道を作ってみたい!...なのです。

完成した畑を見ているうちに、もう一つやりたいことが出てきたのです。それは、この畑の中に土の道を通してみたい!...ということ、なのです。

松(トウヒ)のトラップドアを作りたくて、松がたくさん生えているモノツクール村の裏山にやってきたのです。

川を泳いで渡った直後にダメージを食らったと思ったら...やっぱりドラウンドさんでした、なのです。水の中にいるコイツは、有効な湧きつぶし方法があまりないので、とっても厄介なのです。昔は、水の中は安全だったのに...困ったちゃん、なのです。

低めの木を数本伐採して、松の木材をゲット!...なのです。

松のトラップドアを水路に設置したら、簡易的な橋の完成!...なのです。

松(トウヒ)のトラップドアは、薄い板みたいな見た目をしているので、装飾用の材料として、とっても使いやすいのです。

道を作る部分の小麦を収穫、なのです。当然幸運3のツルハシを使って、種をたくさんゲットするのです。

耕した土では草ブロックにならないので、取り除いて草ブロックと入れ替えるのです。

ここら辺の土には水がいきわたっている為、自然に土に戻ることはないのです。

草ブロックをシャベルでたたいたら、土の道の完成!...なのです。

さっそく歩いてみたのです。...うん、これはこれで素敵、なのです。しいて言えば、稲穂が迫ってくる感じが演出できれば最高!...だったのですが、こればかりはブロックベースのゲームなので、仕方がないのです。

黄金色の絨毯は最高!...なのです。

黄金色の絨毯に埋もれるどろっぴ

そんなわけで、念願の黄金色の絨毯畑が出来上がったのです。どろっぴワールドにやってきた秋!...なのです。(これを書いているのは梅雨ですが(笑))

ってか、これだけの小麦があれば、食料に困ることは絶対にないのです。もちろん、食料を確保するだけであれば、こんなにおっきな畑を作る必要がないことは、言うまでもないのです(笑)。

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス