どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #84 - 神殿周辺を整地するぞ!...なのです。

2019.06.30

BE(PE)v1.11.4

マイクラでは時に避けて通れない整地回、なのです。森の石細工村からメイド神殿周辺までを整地するのです。

マイクラでは避けて通れない整地回、なのです。

マイクラでは避けて通れない、整地をする回、なのです(笑)。今回は、森の石細工村からメイド神殿付近までを整地するのです。

実は、マイクラで前からやりたいやりたいと思っていて、ずっとできていなかったことがあったのです。それは、稲穂あふれる田園風景を作ってみたい!...ということなのです。

ただ、マイクラにはコメがないのです。なので、『おっきな麦畑』を作ることをめざすのです。

丘を削って、穴を埋める。それだけでも大変、なのです。

そんなわけで、このあたりをフラットにすべく、整地をしていくのです。まずは、でっぱっている部分をシャベルで削っていくのです。もともと、そこまで高低差がある場所ではないので、シャベルだけで整地できるかもしれないのです。

シャベルとツルハシでは、スピードが段違い、なのです。

削った土で小さな穴を埋めていくのです。マイクラの土地は、一見平地に見えても、よく見るとちいさな穴があちこちにあいていたりするのです。広い平らな土地があったとしたら、それは、たいていは人の手が加わっている土地、なのです(笑)。

少しだけ入り組んでいる海岸線、なのです。そのまま残すのも面白いのですが、今回はフラットな麦畑を作りたいので、埋めてしまうのです。

まずは、草ブロックで、湖として残す部分と、埋めてしまう部分を区切ってしまうのです。これで、だいたいのイメージをつかめるのです。

内側を埋めていくのです。もし、池を作りたくなったら、また作ればいいのです。...ということで、失敗を気にせずどんどん埋めてしまうのです。

丘を削り終わり、小さな穴を埋め、水面を埋めたら、あとは平らにならしていくべく、土をどんどん設置していくのです。ショベルカー(コマンド)が使えればラクですが、マイクラサバイバルにそんなものはないのです。人力でちまちま埋めていくしかないのです。

時間をかけての単純な整地作業は、それはそれで楽しい!...のです。

しかし、クリエイティブモードや、コマンドを解禁しているサバイバルモードであれば、コマンドを駆使することで簡単に整地が完了するのです。純粋に街づくりだけを楽しみたいのであれば、クリエイティブモードでプレイすることを考えてみるのもいいかもしれないのです。コマンドを使えば、作業時間が大幅に短縮できるのです。

どちらを選ぶかはあなた次第、なのです。そして、どちらでも遊ぶことができるのが、マイクラのいいところ、なのです。

またもや、小さな水たまりを見つけたので、埋め埋め作業、なのです。マイクラは、小さな水たまりも意外と多くあったりするのです。平らな土地を手に入れるのは、意外と大変、なのです。

浅い水たまりはまだいいのですが、こういう、数マス位の深さがある水たまりは、かなり厄介、なのです。

水の中に潜って、中を土で埋めていくのです。こういう場所があると、思った以上に土を使うことになるのです。水中が入り組んでいることもあるので、できれば、水中呼吸3のエンチャントがついたヘルメットが欲しいところ、なのです。

自分は、なるべくすべて埋める派、なのです。しかし、めんどくさい場合は、石&土でフタをしてごまかす、という方法もあるのです。

行商人さんがいいものを売ってくれたのです。

整地作業中に、行商人さんに出会ったのです。どーせ、たいしたものは売ってないんでしょ?と、冷やかし半分でラインナップを見てみたのです。

相変わらずの、タンポポやキノコといったしょーもない商品が並ぶ中に、『オウムガイの殻』と『青の氷』を発見したのです。

『オウムガイの殻』は、ドラウンドから奪うとなるとかなりめんどくさいので、即買い決定!...なのです。『青の氷』も、なかなかのレア商品なので、一応購入しておくのです。

ただ、交換レートも1個当たり5〜6個と高価、なのです。...商売上手なやつめ、なのです。

結局、『青い氷』は16個、『オウムガイの殻』は8個、売ってもらえたのです。なんと、行商人との取引だけで、コンジット(オウムガイ×8+海の中心)を作ることが可能になったのです。これは嬉しい!...なのです。

かなり広い土地を確保できたのです。

そんなわけで、麦畑を作るための土地ができたのです。正直、モノツクール村の整地をした時の方が、土地自体も広かったですし時間もかかったのです。

しかし、農地を作るために、こんな広い土地を整地したのは初めて、なのです。...正直、これだけの広い平らな土地を、農地に使うのはもったいない気もしてきたのです(笑)。

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス