どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #77 - 各村を道路でつないでみるぞ...なのです。

2019.06.16

BE(PE)v1.11.4

今のワールドにはいくつかの村があるのです。今回はそれらを道路で結ぶのです。

各村を道路で結びたい!...のです。

どろっぴワールドには、モノツクール村・鍛冶屋村・森の石細工村・メイド神殿と、4か所の村(施設)が近くに集まっているのです。今回は、この4か所を結ぶ道路を作るのです。

この4つの施設は、天空トラップやシーランタン工場等と違って距離が短いので、ネザーは使わず、地上に道路を作ることにするのです。

まずは、モノツクール村〜鍛冶屋村、の道を作るのです。

まずは、モノツクール村から鍛冶屋村までの道を作るのです。この道はモノツクール村内と同様、石畳による舗装道路にするのです。

まずは、石を敷くために、土を1段削るのです。

石畳に使うのは、安定の『滑らかな石のハーフブロック』なのです。やはり、材料のコストを考えると、石を焼くだけで作れるこのブロック以外に考えらないのです。

上付きハーフブロックにすることで、さらに材料を節約するのです。

幅3マスのハーフブロックの道ができたら、その両脇の土を1マス削って...。

磨かれた安山岩とシーランタンを使って装飾&湧きつぶし、なのです。シーランタンは、基本的には5の倍数の座標にあたる部分に埋め込んだのです。

モノツクール村〜鍛冶屋村の道が完成、なのです。モノツクール村内の道からまっすぐ伸ばしたので、中央噴水までの長い直線道路が完成したのです。

モノツクール村〜森の石細工村〜メイド神殿への道づくり、なのです。

次に、モノツクール村から森の石細工村&メイド神殿への道を作るのです。位置関係的には、森の石細工村経由でメイド神殿まで道を作ることができそう、なのです。しかし、間には池&川があるのです。

この池&川をどうするかは、悩ましいところなのです。

途中にある池は、中央に小島があったりして、なかなかいい感じの場所なのです。なので、迂回して道路を作ることも考えたのです。

しかし、実際に使うことを考えた場合、いちいち迂回するのはめんどくさくなりそう!...ということで、迂回作戦は中止して、中央に橋を通すことにしたのです。

小さな橋づくり、なのです。

池を渡るための橋を作るのです。そのまま石ブロックを敷いていってもいいのですが、橋である以上は少し高さも欲しい!...ということで、高さを1段分あげたのです。

橋桁を通したのです。マイクラの場合、過重などは関係ないので、橋脚がなくても橋として成立するのです。リアリティーを求めるなら橋脚などをちゃんと作るべきですが、今回は道を作ることが最優先なので、橋脚づくりは多少省略したのです。

て、手抜き工事じゃないんだからねっ!!

らんかん(落下防止用の柵)には石レンガの壁を使ってみたのです。5マス毎に照明用のランタンを置いて、ライトアップ&湧きつぶし、なのです。

ってか、ランタン似合いすぎ、なのです。コスト的には、ガーディアントラップで簡単に生産できるシーランタンの方がいいのですが、この風景を見てしまったら、ランタンを奮発するしかないのです。

石レンガの壁は、松明やランタンを置いた部分が自然に出っ張ってくれるのがいい感じ、なのです。特に手を加えなくても、それっぽく仕上がるのです(笑)。

池を横断する橋が完成したのです。やっぱりランタン補正が素晴らしすぎるのです。いい照明ブロックが追加されたのです。

横から見ると、ショボさがバレてしまうのでした。最低限、橋脚はつけてあげる必要があったのです。ヒマがあれば追加したいのです。(←やらないパターン(笑))

各村を道でつなぎました。

橋が完成したら、あとは各村・施設を道でつなぐだけ、なのです。建築の様子は、最初の道と同じなので省略、なのです。

きちんと整備されたまっすぐな道より、松明がおかれているだけの斜めの仮設の道を使った方が早いんじゃない?...というツッコミはなしでお願いします!...なのです(笑)。

これで、すべての施設が道でつながったのです。

そんなわけで、すべての施設を道でつなぐことができたのです。(ネザー経由を含む)

やはり、道が整備されていると格段に移動がしやすくなるのです。いずれは、距離の遠い施設にも道をつなげてみたいのです。(もっとも、建設したとしても、ネザー経由の方が早いので、使うことはないでしょうが...。)

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス