どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #60 - 【バージョンの壁】謎の村を発見したのです...。

2019.05.10

BE(PE)v1.11.1

天空トラップタワーを建てる土地を探す為に旅に出たどろっぴ。その途中で、謎に包まれた村を発見するのです...。

天空トラップタワーを建てる土地を探すのです。

BE(PE)v1.11.1では、天空トラップタワーを建てることができるらしい!...ということで、建てるための土地を探して、ネザーでつなぐ作業をしたいのです。

候補地は、

...なのです。

モンスターの湧き条件は変更されることがあるのです。なので、できるだけ条件変化に強い土地を選びたいのです。

地図をもって、旅に出発!...なのです。

さっそく、地図をもって出発!...なのです。方向は東の方、シラカバの森が広がる方向、なのです。こっちの方向はまだ未開拓、なのです。いい土地が見つかるといいのです。

今回は、天空トラップタワーを建てる土地探しということなので、あえて座標を表示して冒険するのです。ご容赦ください、なのです。

あたり一面シラカバだらけ、なのです。シラカバの森は明るいので、モンスターはほとんど出ないのです。しかし、歩きづらいのは変わらない...ということで、なるべく早く抜けたいところ、なのです。

村を発見!...なのです。しかし...。

森を抜けると、村を発見!...なのです。しかも、建物の形が、今までと微妙に違うのです。これは、きっと、新バージョンで作られた村に違いない!...のです。

これはワクワク、なのです。

新しい教会、なのです。黄色いガラスがはめられていたりして、オシャレになっているのです。形が複雑になっているので、湧きつぶしはめんどくさそう、なのです。

新しい街並み、なのです。家にはテラコッタが使われていたりしてオシャレ、なのです。ってか、建築力負けそう...なのです。

石細工さんの家らしき家を訪ねてみたのです。ストーンカッターが置かれ、家の中には材料と思われる粘土などが積み上げられているのです。よくできているのです。

村人が...いない村!?

この囲いは、何かを飼うための囲いっぽいのです。でも、今は何も飼われていないみたいなのです...。

...何も飼われていない?

...と、ここで、ふと気づいたのです。この村、村人の姿を1人も見かけていないのです!

これは、ただごとではないのです。

よくよく見てみると、この家なんかは、半分壊されているのです。

村の端っこにひっそりと設置されたベル。このベルなら、この村に何が起きたか、知っているのでしょうか...。

ちなみに、おそらくゾンビ村ではないのです。ゾンビ村なら松明がないはずですし、あちこちにゾンビ肉が落ちているはず、なのです。

村は『廃墟』だったのです。

そんなわけで、せっかく見つけた新しい村だったのですが、村人さんが一人もいない、廃墟の村だったのです。この村で何が起きたのかはわかりませんが、すでに滅びた村であることは、間違いないみたい、なのです。

...せっかく新しい村だと思ったのに残念だったのです。

【補足】村が『廃墟』になった理由として考えられること。


●この画像は、コピーしたマップでクリエイティブモードにして撮影しています。

この謎の村が生まれた原因は、おそらく『バージョンの壁』と呼ばれる現象が原因と思われます。よく見ると、村が直線状にきれいに切られているのがわかるのです。

マイクラの場合、バージョンアップされても既に読み込まれたチャンクの地形はアップデートされない特徴があるのです。今回は、既に読み込まれたチャンクと、新しく生成されたチャンクの境目が、たまたま村の敷地の中を通っていたと考えられるのです。

結果として、中途半端な形で村が生成されてしまったものと思われるのです。

ちなみに、これが同じシード値でBE(PE)v1.11.1(クリエイティブモード)で生成しなおしたマップなのです。建物がたくさん作られているのがわかるのです。そして、村人さんもちゃんといたのです。

試しに、Locateコマンドをたたいてみると、どろっぴワールドでは村がなかった場所(旧バージョン(BE(PE)v1.10)で生成された場所)が返ってきたのです。

どろっぴのマップで村人さんがいなかったのは、村の中心が『既に生成されたチャンク』だったのが原因と思われるのです。

ってか、ざっと見た感じ、BE(PE)v1.11.1で再生成したマップでは、今までないところに村があったりしたのです。もしかすると、村の数が増えたのかもしれないのです。

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス