どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ > プレイ記(BE)

BE #45 - ネザー通路の安全確保!便利な通路ができたのです!

2019.04.10

BE(PE)v1.10.0

前回開通させたネザー通路。しかし、通路がむき出しのままでは危険!...ということで、きれいに整備するのです。

通路の安全確保!...なのです。

前回開通させたネザー通路。しかし、通路がむき出しのままではいろいろ危ないのです。ということで、完全に壁で覆って、ネザーと『分離』させるのです。

これから頻繁に使うことになるであろう通路なのです。ので、多少手間でも快適さを確保!...なのです。

生産拠点側のゲートを移設!...なのです。

ネザー側の通路を整備する前に、まずは、生産拠点側のゲートを移設したのです。今のままだとネザー側からワープしてきた際に、壁に向かった方向で転送されてしまうので不便、なのです。

なので、90度向きを変更したのです。画像ではわかりづらいのですが、場所も待機所南側の洞窟(仮設)から、西側に新しく作った小部屋に移設したのです。前回は仮設って感じでしたが、今回は壁もきれいに整備して、きちんとした施設に仕上げたのです。

幅を3マスに拡張!...なのです。

いよいよ、ネザー通路を整備、なのです。まずは、前回幅1マスしか掘ってなかった部分を、幅3マスに拡張するのです。

...ってか真下にネザー要塞が見えるのです!

...そういえば、前回も建設中に、スケルトンの音とかブレイズの音がしたのです。要塞とぶつからなくてよかったのです。

ってか、高度を78と高めに設定したのが、思った以上に良かったのかもしれないのです。高度が低かったら、間違いなく要塞の中を突き抜けることになっていたのです(笑)。

またマグマ!...なのです。しかし、今回は火炎耐性のポーションを持っているので、万が一マグマに触れてしまっても安心、なのです。

装備がしっかりしている場合(ダメージ軽減10+火炎耐性4のエンチャント付)は、マグマに触れても、火炎耐性のポーションを飲むくらいの時間を確保することはできるのです。

逆に、装備が貧弱の場合は、ポーションを飲む間もなくゲームオーバーになってしまう可能性が高いのです。なので、ポーションはあらかじめ飲んでおいた方がいいのです。

通路の拡張が終了!...なのです。やはり、最低でも幅は3マス欲しい!...のです。

通路に内装を施していくのです。

通路を掘り終わったら、まずは床を整備するのです。滑らかな石ハーフブロック(下付き)を床を張り、周りの壁には5マス毎にシーランタンを埋め込んで、明るさを確保するのです。

この滑らかな石ハーフブロック、少し前までは簡単に作れるきれいなブロックだったのですが...今では、丸石からだと2回も焼かないといけないので、作るのがめんどくさいブロックになってしまったのです。

むき出しの部分もきれいに整備しましたが...シーランタンとかは、ガストの攻撃で壊されてしまいそう、なのです。なので、早いうちに壁と屋根をつけてあげないといけないのです。

床が出来上がったら、次は壁を建設、なのです。少しでも明るい雰囲気にしたい!...と、磨かれた閃緑岩を選んだのですが...おもったより白くない!のです。やはり、明るさの問題があるのかもしれないのです。

とりあえず、ゲート周りだけ、すべて装飾してみたのです。こ、これは...とても、ネザーの中とは思えない雰囲気!...なのです。

屋根には磨かれた閃緑岩。壁にはアクセントとして、磨かれた花崗岩のラインを入れてみたのです。ここまで完ぺきに覆ってしまえば、地下通路といわれてもわからないのです。(ゲートを除けば(笑))

通路もすべて装飾完了!...なのです。ネザーでありながら、ネザーとは隔離された安全な空間が、できあがったのです。

外側から見ると、こんな感じなのです。ネザーラックでできた怖い空間に、建物が出来上がっている感じになっているのです。

一応、外に出られるように鉄のドアもつけてあるのです。ネザー要塞に行く時は、ここから外を歩いていくことになるのです。

むき出しになっていた部分は、ガラスを入れて外が見えるようにしてみたのです。ここだけは、ネザー感が出ているのです(笑)

安全なネザー通路ができたのです!

そんなわけで、安全なネザー通路が完成したのです!海底神殿側のゲートの部屋の内装が終わっていませんが、これは裏で整備しておくのです(笑)。

ネザー通路は今回初めて作ったのです。作っている時は怖かったのですが、一回作ってしまうとすごい便利だったのです。

今まで、海底神殿〜生産拠点まで、5分位かかった道のりが、走って1分程度で済んでしまうのです。しかも、完全フラット、直進中心でカーブも1回だけなので、移動も快適なのです。

高速地下鉄移動みたいなものなので、トロッコの様に移動中の景色を楽しんだりすることはできないのです。しかし、利便性だけを考えたら、トロッコには戻れないかもしれないのです。

Writter:どろっぴ



どろっぴ・ゲームス