くりすたる・の〜と

なんとなくマインクラフトをプレイしてみた。

BE #23 - ブランチマイニング場を作ってダイヤをゲットするぞ!...なのです。

2019.02.18

BE(PE)v1.9.0 + 公式リソースパックβ版

そろそろダイヤが欲しい...ということで、ブランチマイニング場を作るのです。前回手に入れた足場ブロックがさっそく役に立つのです!

そろそろダイヤが欲しいお年頃、なのです。

そろそろダイヤが欲しくなってきたのです。ダイヤを手に入れたら、ダイヤのシャベルを作って、生産拠点を綺麗に整地したいのです。

ということで、ブランチマイニングをするための拠点を作るのです。拠点は、中央待機所の真下に作るつもり、なのです。

ブランチマイニングとは、地下深くを計画的に掘ることで、レア鉱石を簡単に手に入れる方法、なのです。詳しくはこちらにまとめてあるのです。

足場ブロックで簡易エレベーターを作るのです。

ブランチマイニングは、高さ11の地点を掘っていくので、高さ11の地点に拠点を作った方が便利なのです。ということで、中央待機所の中央を下に掘っていくのです。

直下掘りは危険すぎるので、2マスずつ掘って、足場を確保しながら下に掘っていくのです。

自分の足元を掘る『直下掘り』であれば、掘る作業量は最小で済むのです。しかし、掘りぬいた先にマグマがあった場合、ほぼゲームオーバー確定になってしまうのです。ので、足場を確保&下の様子を確認しながら掘れる2マス掘りをおススメするのです。

※足場ブロックがない場合は、今後の利便性を考えて、階段状に掘っていくのもおススメ、なのです。ハシゴの場合は昇降が遅いです。

高さ11の地点まで到着したので、上を見上げてみたのです。かなり深いところまで掘ってきたのがわかるのです。

掘った穴に足場ブロックを設置したのです。ハシゴに比べると、ブロックをもって根元を右クリック連打するだけで勝手に積みあがる足場ブロックは、設置がとってもラクちんなのです。

今回は、この足場を簡易エレベータとして使用するのです。

簡易エレベーター内を明るくする為に、照明ブロックが欲しいのです。照明ブロックは、

この2つが手に入れやすいブロックなのです。カボチャはまだ生産していないので、今回はグロウストーンを利用することにするのです。

ということで、司祭さんと取引、なのです。司祭さんは、最初の取引に「ゾンビ肉」か「金」を要求してくるのです。今回は4連トラップで手に入れたゾンビ肉で取引、なのです。

かつては、最初の取引に『金』を使っていたこともあったのです。とってももったいなかったのです(笑)。

ということで、司祭さんから無事グロウストーンをゲット、なのです。ホントは3個交換してくれる司祭さんがいるとよかったのですが、2個の人しかいなかったので妥協、なのです。

足場ブロックの周りを綺麗に装飾していくのです。

  1. 周り8マスを掘る。
  2. 四隅に『磨かれた安山岩』を設置する。
  3. 残った四辺の部分に、『磨かれた安山岩』を埋める
  4. 高さが5の倍数の場合、辺の一か所にはグロウストーンを埋めて明るさを確保する。

足場ブロックは、途中でも安定して止まって作業できるので、装飾作業はとてもラク、なのです。ただし、装飾ブロックは、四隅を先に置くのがコツ、なのです。辺から置くと、最後の隅に置けなくなってしまうのです。

もっとも、隅は内側からは見えないから、最初っから掘らないし装飾しない!...というのも、もちろんあり、なのです。

そんなわけで、簡易エレベータ(という名の、縦方向の昇降路)が完成したのです。足場ブロックを使った場合、1マスですっきりと収まるのがいいのです。

一定間隔ごとにグロウストーンも埋め込んであるので、明るさもばっちり、なのです。

足場ブロック式昇降機は、設置がすっきりする代わりに昇降速度はあまり早くないのです。スピードを求める場合は、水泡式エレベータ&自由落下式の穴(床に水を張ることで、ダメージを防ぐことができる)を設置する方が、早いのです。

ブランチマイニング用の拠点を作るのです。

簡易エレベーターが完成したら、ブランチマイニング拠点用の部屋を作るのです。まずは、スペースを確保するために穴掘り、なのです。

空間ができたら、磨かれた安山岩で壁を綺麗にするのです。ところどころに磨かれた花崗岩(ベージュ色)をアクセントとして入れてみたのです。

足場式簡易エレベーターの周りには、ガラスを設置したのです。ガラスはなくても機能するのですが、なんとなく登りづらかったので、ガイドとして設置したのです。

ブランチマイニング開始!なのです。

拠点ができたら、さっそくブランチマイニングを開始、なのです。今回は、掘った跡の美しさなどはあまり気にせず、ひたすら掘っていくのです。

ただ、地下で迷ってしまうとイヤなので、幹線部分にだけは磨かれた閃緑岩を埋めておくのです。

ブランチマイニングをしたあとは、磨かれたシリーズを採掘する予定なのです。なので、最終的には通路などはなくなってしまう可能性が高いのです。

ブランチマイニングをしばらくしていると、金と洞窟を発見!なのです。ブランチマイニング中に洞窟にぶつかることはけっこうあって、厄介なのです。

普段なら、洞窟を見つけたら即埋めてバック、なのです。でも、今回は装備もそこそこ充実しているので、そのまま洞窟探検してしまうのです。

装備などに自信がない場合は、速攻で埋めてリターンをおススメするのです。無理に進んでしまうと、ブランチマイニングのメリットの一つである『安全性』が失われてしまうのです。

大きめのマグマ湖を発見したので、水をかけて黒曜石に変えておくのです。ほおっておいても、将来ブランチマイニングをしたときに必ずぶつかるので、あらかじめ安全にしておくのです。

マグマ湖の水面の高さは、ほぼ11なのです。(一部例外あり)

座標を表示しないでブランチマイニングをする場合は、高さの目安になるのです。

そして...洞窟内で初ダイヤを発見!!...なのです。初めてのダイヤは、ブランチマイニング産ではなく、天然産だったのです。ブランチマイニング産でも天然産でも、ダイヤはダイヤなのです。けれども、天然産は見つけるとやっぱりウレシイ!...のです。

さっそく、幸運3のツルハシで掘るのです。ダイヤは貴重品なので、なるべく幸運がついたツルハシで掘りたいのです。

そして、ブランチマイニング中でも、ダイヤを発見したのです。ここも洞窟との分岐点だったのです。

ってか、この場所は、鉄とダイヤとラピスラズリが共演しているのです。これだけ固まっていると、もうよだれが(←やめなさい。

ダイヤ11個ゲットだぜ!!...なのです。

そんなわけで、無事、ダイヤを11個もゲットしたのです。やはり、ブランチマイニングをすると、ダイヤのゲットが早い!のです。

これで、ダイヤのシャベルを11本作れるのです。耐久力3のエンチャントを付ければ、かなりの量が掘れるはず...。ということで、いよいよ、拠点の整地の実行が現実的になってきたのです。


Writter:どろっぴ



くりすたる・の〜と

ページについて