どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記2022(2)

氷の国を冒険するぞ!...なのです。【マイクラ2022 #52】

2022.05.05

BE(PE)v1.18.12

氷の国を冒険してから、拠点まで帰る旅...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. 高原の村から出発するぞ!...なのです。
  2. 人の行き来ができない村!?...なのです。
  3. 氷の国を冒険するぞ!...なのです。
  4. 拠点までの帰り道を探すぞ!...なのです。
  5. 氷の国を発見したぞ!...なのです。
  6. 【追記】氷の正しい採り方!...なのです。

高原の村から出発するぞ!...なのです。

前回、たどり着いた高原の村なのです。今回は、ここから冒険の続き、なのです。

人の行き来ができない村!?...なのです。

ってか、この新しい村、崖沿いに広がっているっぽいのですが、その高低差はなかなかなのです。高低差はおそらく50ブロック以上。きちんと整備しないと、上下移動すらできない感じの村、なのです。

下に降りてみると...これはなかなかというか、各々の家が孤立してしまっている感じになっているのです。家をつなぐ道を作ってみても、面白いかもしれないのです。

氷の国を冒険するぞ!...なのです。

そして、村の反対側には...念願の氷の海が広がっていたのです。これだけの氷があれば、製氷場を作る必要はないのです。

遠くの方には、白クマの親子がいるのです。ってか、白クマの親子には近づいてはいけないのです。近づいたら最後、白クマの親から攻撃されてしまうのです。

氷山の脇に、小屋っぽい建物を発見したのです。氷の国も村が!?...なのです。

近づいてみると...家ではなく、浮いている沈没船(笑)だったのです。チェストには、きっちりとお宝の地図が入っていたのです。

左手に地図、右手に宝の地図をもって宝探し!...なのです。

宝を発見!...なのです。安定の、座標が8の倍数の位置にお宝が眠っていたのです。

2つ目の『海の中心』を発見したのです。これで、2つ目のコンジットが作れるのです。

壊れたネザーゲートと浮いてる沈没船(2つ目)を発見したのです。この沈没船には、宝の地図はなかったのです...。

最小サイズっぽいネザーゲート、なのです。ちなみに、周りの雪の下にはマグマブロックが隠れていることがあり、踏むとダメージを受けるのです。マグマブロックの上でも雪が溶けていないところとか、なんとなくマイクラっぽいのです(笑)。

壊れたネザーゲートは、微妙に地図から外れた位置にあったのです。ので、近場に原木でちっちゃな柱を作って、そこに地図を飾ってマーキングしたのです。

...ってか、旗を使ってマーキング&名付けた地名を書きこめるJava版が羨ましいのです。

拠点までの帰り道を探すぞ!...なのです。

氷の国からの帰り道、なのです。とりあえず、今後氷を取りに来ることを考えると、山道ではなく平地。できれば、海や川を経由してこれるとラクなのです。...ということで、ボートを使って帰り道を探してみるのです。

BE(PE)v1.18になって、地形が少しダイナミックになった感じがするのです。川も例外ではないらしく、川幅が広くなって通りやすくなっているっぽいのです。

背の高いシラカバの木を発見したのです。この背の高いシラカバの木は、ワールドの生成時にしか生えない、レアな木だったりするのです。

川の途中で、ダークオークの木を発見したのです。さっそく、苗木と原木をゲットしておくのです。ダークオークの森は、奥まで進むとモンスターと出会ってしまうので、端っこの方でおとなしく葉っぱを刈ったのでした。

結局、この川は、初期スポーン地点近くの村に繋がっていたのです。この村から、初期スポーン地点の拠点までは草原を少し歩くだけOKなのです。なかなかいい場所につながったのです。

初期スポーン地点を経由して、今、拠点にしている海上拠点に戻ってきたのです。ってか、豊かな自然を見た後に海上拠点を見ると、人工感が半端ないのです(笑)。

新しく埋めた地図を、壁に飾ってみたのです。拠点から氷の国まで、見事に一本の川が流れている様子が、よーくわかるのでした。

氷の国を発見したぞ!...なのです。

...そんなわけで、見つけたかった氷の国を、ついに発見したのです。これで、氷がほぼ取り放題、なのです。しかも、ほぼ海と川でつながっているので、アクセスもラク、なのでした。

【追記】氷の正しい採り方!...なのです。

後日、氷も取ってきたのです。まず、川と海が近いところがあったので、地面を掘って海と川をつないでおいたのです。これで、ボートから降りることなく、海上拠点と氷の国とを行き来することが可能になったのです。

氷を取る時は、まず長方形状に小さな枠を作ってから、中を削るといいのです。

この掘り方をすると、氷を掘った跡地に自然と水が流れこんで、水が自然に元に戻ってくれるのです。

マイクラでは、L字型に水源を設置すると、長方形状に水が広がる性質があるのです。この掘り方は、それを応用した掘り方、なのです。

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)