どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記(1)

ポーション工場を作るぞ!...なのです。【マイクラ #100】

2021.07.18

BE(PE)v1.17.2

ポーション工場を建設して、ポーションを量産したいぞ!...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. ポーション量産工場を作りたい!...なのです。
  2. ポーション量産施設を作るのです!...なのです。
  3. ポーション量産施設ができたのです!...なのです。

ポーション量産工場を作りたい!...なのです。

前回で、鍾乳石を使うことで、ポーションが無限に作れるっぽいことが分かったのです。ということで、ポーション量産工場を作ってみるのです。

どうせなら、バグ(?)が修正がされる前に、レアポーションをたくさん作っておくぞ、ってなわけ、なのです。

ポーション量産施設を作るのです!...なのです。

まずは、敷地の確保、なのです。拠点島はもう土地がほとんど残っていないので、とりあえずは、ネザーウォート畑を撤去して、その跡地に作ることにするのです。

ということで、ネザーウォート畑が更地になったのです。

まずは床を建設したのです。枠はディープスレート。床は磨かれた安山岩で作ったのです。ディープスレートは、同じ向きになるように気を付けながら設置したのです。

前回、仮に作った鍾乳石のシステムを撤去して、材料を確保するのです。

完成したポーションを受け取るための大釜を、12個設置したのです。作りづらいレアポーションのみを作りたいので、とりあえずはこれ位で様子を見てみるのです。

壁を作っていくのです。素材は、安定の白素材、磨かれた閃緑岩を使用したのです。

壁は、4段ほど重ねたのです。

大釜の1段上に、ドリップストーンブロックを設置したのです。

ドリップストーンブロックの上に、氷ブロックを設置したのです。あとで、これを壊して、水源にするのです。

ドリップストーンブロックの下に、鍾乳石(ドリップストーン)を設置。これを設置することで、大釜に(ゆっくりとですが)水を送ることができるようになるのです。

氷ブロックの手前にガラスブロックを置いて、氷を水にした時に手前に流れてこないようにするのです。

氷を破壊して、水にするのです。

水が垂れてくれば、成功なのです。

この状態で放置しておくと、水が落ちてきて下の大釜に溜まるのです。あとは、一度大釜の中身を空にして、元になるポーションを1回分仕込んでおけば、水ではなくポーションが増える...はずなのです。

この挙動はバグの可能性があるのです。(仮に、ポーションが入った大釜に、水入り瓶を直接大釜に入れると、蒸発してなくなってしまうのです。)

ので、近い将来、できなくなってしまう可能性があるのです。

ポーション量産施設ができたのです!...なのです。

しばらくすると、ポーションが増えているのです。これで、システム部は完成、なのです。とりあえずこれだけでも、ポーションは増えていくのです。

あとは、周りに建物を作って、それらしい施設にしていきたいのです。

(次回へ続く、なのです。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)