どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記(1)

鍾乳石でポーション無限!?...なのです。【マイクラ #99】

2021.07.15

BE(PE)v1.17.2

鍾乳石(ドリップストーン)を使うと、ポーションが無限に作れるかも?...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. 鍾乳石を発見したぞ!...なのです。
  2. 避雷針を設置するぞ!...なのです。
  3. 鍾乳石を取りに来ました!...なのです。
  4. 鍾乳石で、水無限生産!...なのです。
  5. 鍾乳石で、ポーションも無限生産!?...なのです。
  6. ポーション無限生産装置ができました!?...なのです。

鍾乳石を発見したぞ!...なのです。

前回までで、カマド小屋を作ったのです。そのあと、裏で洞窟探検をしていたら、新ブロックである鍾乳石を見つけることができたのです。

...ということで、今回は見つけた鍾乳石を採掘して、いろいろ(でもないけど)してみたいのです。

避雷針を設置するぞ!...なのです。

と、鍾乳石(ドリップストーン)を取りに行く前に、拠点に避雷針を設置しておくのです。まずは、カマド小屋の上。滑らかなハーフブロックを2段重ねて、その上に避雷針を設置したのです。

そして、大事な農民村ハウスの上にも避雷針。さっきと同じように、滑らかな石のハーフブロックを2段重ねた上に設置しておいたのです。

鍾乳石を取りに来ました!...なのです。

避雷針を設置し終わったところで、鍾乳石(ドリップストーン)を取りに来たのです。あったのは洞窟の入口から入ってすぐのところ。BE(PE)v1.17.2になってから来たところ(=新しくマップが作られた場所)なのです。

この鍾乳石を発見するまでに、リアル時間で4時間くらいかかったのです。かなりレアらしく、ホントにあるのか疑うレベルだったのです(※注)。

(※注)試しに、BE(PE)v1.17.2でクリエイティブモードで新しいマップを作成して探したところ、思っていたよりも簡単に、しかもいろいろなところで見つかったのです。

BE(PE)v1.17.0は閃緑岩などの生成がバグっていたことがわかっており、この影響で、鍾乳石も生成されにくくなっているのかもしれません。

ということで、探すのであれば、BE(PE)v1.17.2で作られた場所の方がいいかもしれません。(BE(PE)v1.17.0は、既にプレイできない為、確認はできません。ごめんなさい。)

さっそく、鍾乳石(ドリップストーン)をゲット、なのです。

根元にある、ドリップストーンブロックも忘れずにゲット、なのです。鍾乳石と、ドリップストーンブロックは、ペアで使うといい感じになるはず、なのです。

鍾乳石で、水無限生産!...なのです。

鍾乳石セットを持って、拠点に帰ってきたのです。

拠点に戻ってきたところで、さっそく大釜(鉄×7)を作るのです。鍾乳石からは水をたらすことができるのです。その水を受け止めるのに使うのが、この大釜、なのです。

大釜を3つ、セットしてみたのです。

大釜の2マス上にドリップストーンブロックを設置し、その下に鍾乳石をセット。更に、ドリップストーンブロックの上に水源を設置すると、鍾乳石から水が垂れ始めるのです。

この水は大釜で貯めることができるのです。この方法を使えば、水を無限に生産することが可能なのです。

水自体は、無限水源を作れば簡単に無限化できるので、この方法で無理に取る必要はないのです。真価をはっきするのは水をマグマに置き換えた時で、実はマグマも同じ様に、大釜にためることができるのです。

つまり、ドリップストーンを使えば、(時間はかかりますが)今までは不可能だった『マグマ無限』を実現することが可能なのです。(もっとも、マグマはネザーに行けば有り余るほどあるわけですが...(笑)。)

鍾乳石で、ポーションも無限生産!?...なのです。

ところで、大釜には、3回分のポーションを入れることができるのです。ということで、さっそく1回分のポーションを大釜に入れてみるのです。

しばらく放置しておくと...なんと!中のポーションが増えているのです。

試しに2回、殻のガラス瓶ですくってみると...2個のポーションが手に入り、1個分のポーションが大釜の中に残ったのです。

試しに飲んでみると...ちゃんとポーションの効果が付与されたのです。しかも、効果時間なども一緒なのです。

ポーション無限生産装置ができました!?...なのです。

というわけで、ドリップストーンを使うと、水やマグマの他、なんと、ポーションまでもが無限に増えてしまうのでした。

材料に『ガストの涙』というレアアイテムが必要な再生のポーションなんかも、この方法を使えば、簡単に量産できてしまうのです。

...もっとも、この動作はバグっぽい気もするので、いずれは修正されてしまうかもしれないのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)