どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記(1)

煙が出る煙突をカマド小屋に付けるぞ!...なのです。【マイクラ #98】

2021.07.14

BE(PE)v1.17.2

カマド小屋に、煙が出る煙突を付けるぞ!...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. カマド小屋に煙突を!...なのです。
  2. たき火を使えば煙が出るぞ!...なのです。
  3. 煙突を作っていくぞ!...なのです。
  4. カマド小屋に煙突が付いたぞ!...なのです。

カマド小屋に煙突を!...なのです。

前回作ったカマド小屋なのです。今回は、この小屋に煙突を付けて、更に、カマド小屋感をアピール(笑)していきたいのです。

たき火を使えば煙が出るぞ!...なのです。

煙突を作るからには、やっぱり煙を出したいぞ!...ということで、煙がでる『たき火』ブロック(原木×3+棒×3+木炭)を準備したのです。

更に、煙を高く上げるための、干し草の俵(小麦×9)も準備したのです。...ってか、小麦を9つ集めると、干し草になるのはおかしいのですぅ。この俵は、小麦に戻すこともできる...つまり、干し草が小麦になるという、謎なことになってしまうのです(笑)。

煙突をつけるのは、屋根の端っこの方にするのです。カマドの上の部分にしておけば、自然...に見えるかもしれないのです。

屋根の階段ブロックを石レンガブロックに置き換えて、土台を作ったのです。

干し草の俵を設置して、その上にたき火ブロックを設置したのです。

煙が上がり始めたのです。あとは、周りを囲うだけ!...なのです。

煙は、焚火ブロックだけでもあがるのです。しかし、下に干し草の俵ブロックを設置すると、より高い位置まで煙が上がるようになるのです。

煙突を作っていくぞ!...なのです。

煙を上げることができたら、石レンガで周りを囲って煙突を作っていくのです。

一番上の部分は、流行り(?)のディープスレートブロックを使用してみたのです。ハーフブロックに加工できないのが残念、なのです。

最後に、滑らかな石のハーフブロック(下付き)を使って、湧きつぶしをしておくです。

やっぱり、ディープスレートのハーフブロックが欲しかったのです...。

ちなみに、煙突の煙は、近い距離からなら見えますが...。

ある程度離れてしまうと、煙が上がらなくなってしまうのが難点、なのです。

煙が上がらなくなる距離は、シミュレーション距離に関係なく70マス程度、なのです。Javaに比べるとかなり短く、設定で変更することもできないのが残念なのです。

カマド小屋に煙突が付いたぞ!...なのです。

そんなわけで、カマド小屋に煙突が付いたのです。昔は煙を表現するのが難しかったのですが(クモの巣とかを使っていたのです)、今は、たき火ブロックを使えば、簡単に煙を出すことができるのがうれしいのです。

煙があると、村の活気度がアップする気がするのです。古い時代の街並みを作りたい時には、使ってみたくなる要素、なのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)