どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記(1)

ひかるイカを見つけなイカ?...なのです。【マイクラ #91】

2021.07.03

BE(PE)v1.17.2

ひかるイカを求めて、海の中を探索するのです。

スポンサーリンク

目次

  1. ひかるイカスミが欲しいのです!...なのです。
  2. ひかるイカを求めて!...なのです。
  3. 海の底で光るもの!...なのです。
  4. 暗視のポーションで、更に地下深くへ!...なのです。
  5. アメジストの部屋とウーパールーパーを発見!...なのです。
  6. ひかるイカが見つからない!?...なのです。

ひかるイカスミが欲しいのです!...なのです。

前回で、新しいアイテムをイロイロ試してみたのです。ですが、まだ手に入れていないアイテムがあるのです。それは『ひかるイカスミ』。これがあると、額縁を光らせたりすることができるらしい...ということで、今回はひかるイカスミ探し、なのです。

ひかるイカを求めて!...なのです。

ひかるイカスミは、ひかるイカから手に入れることができるのです。以下ということは水中...ということで、水中呼吸のポーションを飲んで、海に潜ることにするのです。

ポーションがあれば、海の中をじっくり探すことができるはず、なのです。

水中を探索していると、小さな遺跡みたいなものがあったのです。中に入ってみると、なにやらカッコいい模様が描かれていたのです。海賊のマークっぽいのがカッコいいのです。

この模様に使われているのは彩軸テラコッタ、なのです。組み合わせによって、こんなカッコよくできると初めて知ったのでした。

ってか、ドラウンドを倒した時のドロップアイテムが、に変わっていたのです。事実上の格下げなのです。ってか、貴重な金の入手手段が、一つ失われてしまったのです...。

ってか、ノーマル以下は見つかるのですが、ひかるイカはなかなか見つからないのです。

結局、ひかるイカを見つけることができないまま、夜を迎えてしまったのです。代わりに、ライトアップされた拠点をながめておくのです(笑)。

海の底で光るもの!...なのです。

夜の海を探していると、海の底がぼんやり光っているのです。ナマコなんかも光るのですが、それとはちょっと違う気もするのです。

近づいてみると...これは、洞窟にもあった『グローライカン』だったのです。洞窟ではあまり目立たなかったのですが、まっくらな海だと、かなり光っているのが目立つのです。

相変わらず、ひかるイカが見つからないので、昆布に八つ当たりをしている図、なのです(笑)。

暗視のポーションで、更に地下深くへ!...なのです。

いくら探してもひかるイカが見つからない...これは、もしかすると深い海でないと見つからないのかも?...ということで、水中呼吸に加えて、暗視のポーションも飲むことにしたのです。これで、海中深くまで潜っても安心!...なのです。

海溝とか、怪しいんだよなぁ...。

うーん、いないなぁ。

...代わりに、埋まっている沈没船を発見、なのです。ここまで埋まってしまっているのも珍しい気もするのです。

むき出しになっているチェストから、『宝の地図』を発見したのです。これは、あとで探索してみるのです。

アメジストの部屋とウーパールーパーを発見!...なのです。

ひかるイカを求めて泳いでいると...アメジストの部屋を発見したのです。これはこれで貴重...というか、暗視のポーションを使っていると、よーく見えるのです。

海底の砂利をてきとーに削って、目印となる柱を建てておいたのです。

アメジストの部屋の近くの水中洞窟を潜っていると、新MOBである『ウーパールーパー』を発見したのです。正直、あまり興味がなかったのですが...思った以上にかわいい!のです。

思わず、バケツを使って捕獲してしまったのです。

ノーマルイカはいっぱいいるのに、ひかるイカは一匹も見つからないのです...。

アメジスト部屋への入口、なのです。この丸い部屋は、必ずどこかに割れ目があって、中に入れるようになっているのかもしれないのです。(まだ、2つしか見つけてないので、確実ではないのです。)

中は水中ではなく、普通の空洞になっていたのです。

...とはいえ、水中のアメジスト部屋は、少し使いづらい気もするのです。やはり、地中で見つけた方がうれしいかもしれないのです。

とはいえ、海底のアメジスト部屋は、暗視のポーションがあれば、わりと簡単に見つけることができるというメリットもあるのです。

ひかるイカが見つからない!?...なのです。

と、いうわけで、そこそこ長い間海に潜っていたのですが、ひかるイカだけ見つからなかったのです。これはもしかすると、スポーン(出現)条件が特殊なのかも?

...ということで、ひかるイカの探索は次回へ続いてしまうのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)