どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記(1)

トラップタワーで経験値をゲットしてみた...なのです。【マイクラ #77】

2021.06.06

BE(PE)v1.16.221

トラップタワーを改造して、経験値トラップにしてみたのですが...結果は予想通り、いまいちだったのです。

スポンサーリンク

経験値トラップにしてみるぞ!...なのです。

前回までに作ったトラップタワーなのです。このトラップは、主にアイテム、特に火薬をゲットするために、モンスターが自動的に倒れるように設計してあるのです。

が、タワーを少し作り替えると、自分でモンスターを倒して、経験値をゲットするようにすることもできるのです。

...ということで、今回は経験値取得用トラップに改造してみたのです...が、結論から言うと、あまりおススメできる改造ではなかったのです。

モンスターが倒れないように改造するぞ!...なのです。

経験値を得られるようにするためには、モンスターが自動的に倒れないようにしないといけないのです。...ということで、モンスターを落下させる高さを再調整する必要があるのです。

具体的には、アイテム回収層の高さを少し上げて、落下させる高さを短くする改造をするのです。

高さ的には、待機場所の高さがちょうどいいのです。...ということで、まずは、前回、待機場所の周りに作った、防御用のガラスを一時的に撤去するのです。

今回は、トラップを稼働させたまま改造していますが、危険も伴うのです。安全を最重視する場合は、屋根を一時的に壊して、湧き層部分を明るくする必要があるのです。(こうすることで、モンスターが湧かなくなるのです。)

同じ高さに、仮設の足場を設置していくのです。トラップタワーの穴は3×3マスあるので、4方すべてから攻撃できるようにしないと、剣が届かないのです。

仮設の足場から2段目のガラスの壁を撤去して...。

中に、下付きハーフブロックを設置するのです。

モンスターが落下する高さが変わったことで、勝手に倒れることなく、中にモンスターが溜まっていくのです。

念のため、ガラスの壁に空けた穴をふさいで、安全を確保しておくのです。

下付きハーフブロックの下にホッパーを設置する作業をしたいので、仮設の足場の一部を一段下げるのです。

アイテム回収用のチェストを設置、なのです。

下付きハーフブロックを設置した段の下の段のガラスの壁を破壊したら...。

ホッパーを設置していくのです。アイテムを投げて、接続されているかどうかを確認することができないので、設置は慎重に行ったのです。

最後に、安全用に設置した仮設壁ブロックを撤去すれば改造は完了、なのです。

半マスのスキマから剣を振れば、モンスターを倒すことができ、経験値をゲットすることができるのです。

この時、近づきすぎると、稀にクリーパーが反応してしまうことがあるので注意、なのです。万が一爆発されてしまうと、修復はかなり大変な作業になってしまうのです。

...仮設感あふれる改造、なのです(笑)。

レベル30まで経験値を貯めてみるぞ!...なのです。

難易度を一時的に『ハード』にして、経験値を貯めてみることにするのです。(実験後、難易度は『イージー』に戻したのです。)

エンチャント&合成をたくさんして、レベルを0まで戻してきたのです。そして、修繕の影響を受けないように、『アイテムボーナス3』だけついた剣も準備したのです。

...ということで、さっそくレベル30まで経験値を貯めてみるのです。

10分経過。レベルは17、なのです。

20分経過。レベルは23、なのです。やはり、高レベルになるほど、上がりづらくなってくるのです。

30分経過で、レベル28。30まではもう少し、なのです。

33分34秒経過で、ようやっとレベル30に到達、なのです。落ちてくるときは落ちてくるけど、落ちないときは落ちない。モンスターの落下にムラがかなりあるので、思った以上に時間がかかってしまったのです。

ゲットしたアイテムたち。自分で倒しているので、ヨロイや鉄なども手に入って豪華な感じになっているのです。ただし、ゲット出来ている火薬の量はそんなに変わっていない印象、なのです。

『アイテムボーナス3』をつけてこの状態なので、ノーマルの剣の場合は、厳しい結果になってしまうかもしれないのです。

経験値トラップとしては微妙!...なのです。

...そんなわけで、トラップタワーで経験値をゲットしてみた!...なのでした。

BE(PE)v1.16.221の場合、(裏技を使わない場合)8匹+αまでしかモンスターを貯めることができない為、常に倒し続けないと、すぐにトラップが止まってしまうのです。

30分以上、落ちてきたら即モンスターを倒し続けなくてはいけないことを考えると、経験値をゲットするためのトラップとしては、やはり微妙かもしれないのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)