どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記(1)

とりあえず、石ツールをゲットしたい!...なのです。【マイクラ #2】

2020.12.03

BE(PE)v1.16.100

まずは、石ツール一式を揃えたい...なのです。

スポンサーリンク

とりあえず、石ツールが欲しいの!...なのです。

前回作ったオリハウス、なのです。これで夜の安全は確保...なのですが、まだ、アイテムがほとんどないのです。

なので、とりあえずは石ツールを一式作って、快適な作業ができるようにしたいのです。

何もできない夜!...なのです。

とはいえ、夜が近づいているので、まずはオリハウスの中に入り、出入り口をフェンスで閉じて『安全確保』なのです。

太陽が沈んでいくのです...。

夜になると、スケさんや匠さんが外を走り回っているのです。武器も防具もない状態で、外に出るのは危険なのです。

穴を掘る作業なら安全ですが、松明がないので、真っ暗で何も見えないのです。

ボーナスチェストありの場合、数本の松明がもらえるので、初めて夜に穴を掘るのもラクになるのです。

...そんなわけで、何もできないまま、朝を迎えたのです。マイクラで朝日を見るのは、実は珍しかったりもするのです。

マイクラでは、ベッドを作ってしまうと、ベッドで寝て、夜を飛ばしてしまうことがほとんどなのです。

丸石をゲットするぞ!...なのです。

朝を迎えたら、ようやっと石ツールを作ることができるのです。まずは、地面を掘って丸石をゲットしに行くのです。

穴を掘る場所は、オリハウスの真ん中にするのです。太陽光を取り入れるために、一時的に屋根の真ん中を壊すのです。

光を確保したら、地面を掘っていくのです。

数マス掘ると、石の地面が見えてくるのです。さっそく、木のツルハシ(木材×3+棒×2)を使って、石を掘って丸石をゲットするのです。

太陽の光のおかげで、穴の中も明るいのです。

ハシゴなどがないので、とりあえず土を積み上げて脱出するのです。

光源を確保するぞ!...なのです。

オリハウスの中に戻ったら、さっそく丸石で作れるアイテムをクラフトするのです。まずは、かまど(丸石×8)をクラフトするのです。かまどがあれば、イロイロなものを焼くことができるのです。

かまどの上に原木、下に燃料となるフェンスゲートのあまりを入れて、原木を燃やして木炭を作るのです。

松明を作るための棒がないことに気が付いたので、外に出て木を刈ってくるのです。....よーくみると、遠くに匠(クリーパー)さんがいるのです。彼は、日光でも消滅しないので、少し厄介なのです。

島の端っこまで走って、匠さんと距離をとるのです。こうすることで、彼は自然に消滅してくれるのです。

シミュレーション距離4の場合、44マス以上離れたモンスターは、強制的にデスポーン(消滅)してしまうのです。なので、距離を撮れば戦うことなく消滅されることが可能、なのです。(倒したわけではないので、アイテムや経験値は手に入らないのです。)

安全になったところで、木を1本刈り取るのです。

棒と木炭をクラフトして、松明を作るのです。

さっそく、掘った穴に設置して、常に明るさを確保、なのです。明るくしたことで、モンスターも湧かなくなったのです。

明るさを確保できたので、屋根の穴は再び埋めておくのでした。

木材などをゲットしに行くのです。

丸石と松明が確保できたところで、石のツルハシ・オノ・剣・クワなどをクラフトしたのです。石のツールは、性能はいまいちですが、初めからほぼ無限に作ることができるのが魅力、なのです。

石のクワを使って、葉っぱを刈り取るのです。自然に枯れるのを待ってもいいのですが、夜を迎えてしまうと回収できなくなってしまうのです。なので、手で刈り取ってしまうのです。

石のクワを使うと、素手で刈り取るより早く枯れるのです。鉄のクワがあればサクサクなのですが、現時点で鉄をぜいたくに使うことはできないのです。...というか、そもそも鉄がないのです(笑)。

夜は約7〜8分続くのです。その間に、落ちた苗木やリンゴは消えてしまうのです。(アイテムは、地面に落ちて5分経つと、消えてしまうのです。)

オークの葉が枯れて、リンゴが落ちたのです。今は貴重な食料なのです。

木材がたくさん手に入ったので、チェストを設置したのです。これで、作業台・カマド・チェストの初期三種の神器がそろったのです。

夕陽を見ながら、リンゴを食べるのです。これが、何気に初めて食べた食べ物、なのです。『野生動物から食料を得るのを禁止です!』縛りは、なかなか過酷だったのです。

石の道具をそろえることができたのです!

...そんなわけで、石の道具をそろえることができたのです。あとの問題は食料なのです。リンゴ頼みでは正直厳しすぎるので、どうにかして食料を確保しないといけないのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)