どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記2022s(1)

拠点村の畑を拡張するぞ!...なのです。【マイクラ2022s #34】

2022.10.14

BE(PE)v1.19.10

冒険でゲットした資材を利用して、拠点村の生産施設を拡張するぞ!...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. 拠点村の生産施設を拡張したい!...なのです。
  2. ダークオークを植林するぞ!...なのです。
  3. あいた土地に畑を拡張するぞ!...なのです。
  4. 村の生産施設を拡張したぞ!...なのです。

拠点村の生産施設を拡張したい!...なのです。

前回の冒険で、いろいろな資材を手に入れたのです。今回は、その資材を使って、生産施設を拡張するのです。

ダークオークを植林するぞ!...なのです。

まずは、ダークオークを植林したのです。ダークオークは、シラカバと同じ様に、草原に適当に植えるだけでOKなのが、いいところなのです。

但し、シラカバと違って、ダークオークの森(林)は暗くなりがちなので、モンスターが湧かないように、松明を置いておく必要があるのです。

ダークオークを切る時は、1〜2段程度の土台を残しておくと、すべての幹をラクに切ることができるのです。

ダークオークは、植林する際に苗木を正方形状に4つ並べる必要があるわりに、葉っぱが少ないために、ドロップする苗木が少ないのです。

なので、苗木を確保するためには、十分な間隔(最低7マス以上)を開ける必要があるのです。

トウヒの植林場は、12本に減らして、間隔も詰めたのです。トウヒは、切りづらいことを除けば、1本で手に入る原木量も多い&苗木もたくさん確保できる、優秀な木なのです。

あいた土地に畑を拡張するぞ!...なのです。

トウヒの植林場を縮小したので、土地が余ったのです。この土地を利用して、畑を拡張するのです。

まずは、上付きハーフブロックをはがしていくのです。石の下の土は、ポトゾル化しているのです。

ポトゾル化した土は、一度掘り返して、ノーマルな土に変更しておくのです。

ということで、石で覆っていた地面を、畑に適した土へと変更したのです。

コンポスターを使った骨粉製造機を移動し、フェンスも移動したのです。

今まである畑と、新しく作った畑の境目に、土の道を作って区別したのです。

上付きハーフブロックでふたをした水源を設置したら...。

クワで耕していくのです。久々に、クワを本来の目的に使った気がするのです。

水源の上に、フェンスと松明で照明を確保したのです。

新しい畑には、ニンジンを植えたのです。出来上がったニンジンは、農民に売るもよし、コンポスターに入れて骨粉にするもよし、なのです。

村の生産施設を拡張したぞ!...なのです。

そんなわけで、村の生産施設の拡張が完了したのです。ダークオークは、苗木の確保さえ注意すれば、切りやすいわりに原木がたくさん手に入る優秀な木、なのです。

そして、ニンジンは、幸運3で収穫するとたくさん収穫することができるのです。あまったら骨粉にすることもできるので、無駄にならないのもいいところ、なのです。

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)