どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記2022s(1)

もっと簡単に『泥』を作る方法!?...なのです。【マイクラ2022s #22】

2022.09.01

BE(PE)v1.19.10

泥をなるべく簡単に作る方法!?...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. もっと簡単に泥を作りたい!...なのです。
  2. 泥を作るための池を作るぞ!...なのです。
  3. 水を張って泥を作るぞ!...なのです。
  4. もっと、泥が簡単に作れるようになったぞ!...なのです。

もっと簡単に泥を作りたい!...なのです。

木材中心の村によく似合う泥の道。この道を作るために必要な泥を、もっと簡単に作りたいぞ!...ということで、あらたな泥づくり!...なのです。

ってか、なんと、水の底にある土に水入り瓶で水をかけても、泥になることを最近知ったのです。これを利用すれば、もっと簡単に泥が作れるはず、なのです。

水に触れても泥にならず、水入り瓶で水をかけると泥になるという仕様は、ある意味で不自然なのです。これは、過去バージョンのマイクラと互換性を保つために、こうなっているものと思われます。(仮に、水に触れただけで泥になってしまうと、既存の建築の川底などの土が、自動ですべて泥に変わってしまうのです。)

泥を作るための池を作るぞ!...なのです。

...ということで、既存の泥作成スペースを破壊して、新しい泥作成スペースを作るのです。

とりあえず、8×8マスで、1段掘り下げたのです。

更に、周りを丸石で囲ったのです。

中を、更に2段分、掘り下げたのです。

底の部分に、滑らかな石を敷き詰めていくのです。素材は石系などのシャベルで壊しにくいブロックであればOKですが、ハーフブロックではなくフルブロックを使った方が、あとあとラクになるはず、なのです。

壁も、土から丸石へと変更しておくのです。シャベルで壊しにくいブロック、というのがポイント、なのです。

大きさ8×8、深さ2の穴が出来上がったのです。今回は1回で1スタック(64個)作れるようにこのサイズにしましたが、もっと広くすることも可能、なのです。

水を張って泥を作るぞ!...なのです。

スペースができたところで、いよいよ泥を作ってみるのです。まずは、土を敷き詰めていくのです。

土を敷き詰めたら、上に水を張っていくのです。四角形の2辺に、L字型に水を流し込めば、水は自動的に広がっていくのです。

水を張り終わると、土の上に水の層ができた池が出来上がるのです。

あとは、ガラス瓶を持って右クリックを繰り返しながら動くことで、次々と泥を作っていくことができるのです。土のすぐ上に水があるので、水入り瓶に水を簡単に入れることができるのが、池方式のいいところ、なのです。

すべての土を泥に変えたら...。

あとは、シャベルで掘るだけ!...なのです。この時、水中採掘や水中呼吸のエンチャントがついていると、サクサクと掘ることができるのです。

もっと、泥が簡単に作れるようになったぞ!...なのです。

泥を作るために池を作った後、泥を固めるための小麦を作るために、一時的に巨大な畑も作ったのです。小麦は1マスから1つしか採れないのがつらいところ、なのです。

というわけで、泥を作るための池を作ったのです。水入り瓶の水が簡単に補給できる分、泥づくりがかなりラクになったのです。

レッドストーン回路を使った装置を作れば、もっと簡単に作れるっぽい...ですが、とりあえずは回路を使わない、この方法でもいいかな、と、思ったりもするのでした。

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)