どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ日記2022s(1)

『たき火カマド』が素敵でした!...なのです。【マイクラ2022s #2】

2022.07.12

BE(PE)v1.19.2

トラップのダメージ源として使われることが多い『たき火』。本来の使い方をすると、これがなかなか素敵だったぞ!...なのです。

スポンサーリンク

目次

  1. 安全の次は食料が欲しいぞ!...なのです。
  2. スポーン地点で材料集めだぞ!...なのです。
  3. たき火を使って肉を焼くぞ!...なのです。
  4. たき火をカマドっぽくするぞ!...なのです。
  5. 『たき火カマド』で焼肉をゲット!...なのです。

安全の次は食料が欲しいぞ!...なのです。

マイクラ2日目の朝、なのです。夜をベッドを使ってさくっとやり過ごしたら、次に欲しいのは食料なのです。

今回は、動物を倒すのを禁止縛りをしていないので、お肉を手に入れるのはラクなのです。...ということで、このお肉を食べられるように加工したいのでした。

お肉はそのままでも食べられますが、回復量などが少なくなってしまうので、できれば加工(焼く)してから食べたいのです。

スポーン地点で材料集めだぞ!...なのです。

ということで、初期スポーン地点付近に戻ってきたのです。とりあえずは、ここにベッドを設置しなおして、拠点っぽくしておくのです。

原木が必要なので、近くのシラカバを切って補充するのです。

シラカバの苗木は近場に植えておくのです。苗木を植えておけば、木がなくなってしまうことは防げるのです。

最初に植える木はシラカバがおススメなのです。幹がまっすぐ&手が届く高さまでしか成長しないので、他の木(特にオーク)と比べて、とっても壊しやすいのです。

たき火を使って肉を焼くぞ!...なのです。

手に入れた肉を焼くために、たき火(原木×3+棒×3+木炭 or 石炭)をクラフトしたのです。

さっそく、たき火を設置したのです。

たき火に肉を置くと、お肉を焼くことができるのです。カマドと違って、焼いている途中の肉が見えるのがおいしそうなのです。

お肉が焼けると、焼けたお肉が飛び出してくるのです。あとは、これをゲットするだけ、なのです。

たき火は、カマドと違って、

...といった特徴があるのです。

たき火をカマドっぽくするぞ!...なのです。

お肉を回収しようと焚火に近づきすぎて、自分に火がついてしまったのです。たき火は、燃料不要で何枚でも肉などを焼くことができるのが便利なのですが、多少危険だったりもするのです。

また、たき火は、焼きあがった肉が周りに飛び散ってしまうこともあり、こうなると回収が少しだけめんどくさいのも欠点なのです。

...というわけで、たき火を少しだけ改良することにするのです。

と、その前に、このワールド初の焼き肉を食べたのです。やっぱり、お肉はおいしいのです。

まずは、たき火の周り1マスを、土で整地するのです。

周り3方向を、丸石で囲ったら...。

たき火の上に、丸石の下付きハーフブロックを重ねて置くのです。

というわけで、たき火を使ったカマドの完成、なのです。試しにお肉を置いてみると...とてもおいしそう!...なのです。

しかも、(バグなのか)煙も下付きハーフブロックを突き抜けて、上まで上がっているのです。この煙が、見た目のおいしさを増やしているのでした。

焼きあがったお肉は、手前かカマドの中に納まっているのです。あとは、手前から近づけば、焼肉をゲットできるのです。下付きハーフブロックでたき火の上をガードしてあるので、間違ってたき火の上に乗ってしまって自分に火が付くこともないのです。

『たき火カマド』で焼肉をゲット!...なのです。

...というわけで、たき火カマドを使って焼肉をゲット!なのでした。BE(PE)v1.19.2は、良くも悪くも、動物が簡単に再スポーンするので、草原さえあれば、お肉に困ることはないのでした。

そして、たき火は燃料不要なのがいいところなのです。材料があまりない序盤では、たき火は特にありがたいブロック、なのです。

スポンサーリンク


TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)