どろっぴ・ゲームス

HOME > マイクラ【日記】 > プレイ記(BE3)

新しい島へ渡れる橋を建設するぞ!...なのです。[マイクラ #52]

2020.11.06

BE(PE)v1.16.40

新しい島を作るために、まずは橋を建設するのです。

スポンサーリンク

道を延伸するための橋を作るぞ!...なのです。

少し前に、ほんの少しだけ延長した道にやってきたのです。今回は、更に道を延長するために、海の方に橋をかけていきたいのです。

基礎部分を建築するぞ!...なのです。

今回は、端の骨格部分となる床を作っていくのです。まずは、SHIFT+バックを押しながらブロックを設置して、道を伸ばしていくのです。

アーチ状の橋にしたいのですが、高さをどこまで上げるかは、悩みどころなのです。

更に延伸していくのです。

マイクラでは、ブロックに乗った状態で、ブロックの下に新しいブロックを付けるのが難しいのです。なので、海面すれすれに仮設の足場を設置するのです。

仮設の足場なのに、高コストな滑らかな石を使ってしまうぜいたく(笑)、なのです。

滑らかな石は、丸石→石→滑らかな石と、2回焼かなくてはいけないので、手間がかかるのです。

仮設の足場から、橋の床になるブロックを設置していくのです。下からなら、ブロックの下にブロックを設置するのもラク、なのです。

作業中、雨が降ってきたので、作業中断なのです。濡れるのがイヤ...とかではなく、海上作業だと、ドラウンドがあがってくる可能性があるので危険、なのです。

雨がやむまでの間、久しぶりにジャガイモを収穫することにしたのです。幸運3のクワを使えば、9×9程度の小さな畑でも、食料にするには十分すぎるほどのジャガイモがゲットできるのです。

とりあえず、幅1マスの橋を作って、見た目をチェックなのです。今回の橋は、両端の高さが違うので、アーチ橋を作るのが少し難しいのです。

橋の形がだいたいイメージできたところで、橋の先に作る予定の『島』の基礎部分を作っておくのです。水中にもぐって、水中から基準となる石レンガブロックを設置するのです。

基準となるブロックを1つ設置出来てしまえば、あとは、SHIFT+バック工法で広げていくだけ、なのです。

人工島の基礎部分が少しだけできたのです。ここをどうするかは、後で考えるのです。

ちなみに、表面だけブロックを敷いた、ハリボテ島、なのです。この辺りの海はかなり深いので、海底からまともに島を作ろうとすると、かなりのブロックが必要になってしまうのです。...ということで、あきらめたのです。

橋の幅を広げていくのです。この作業は、かなりラクちん、なのです。

橋の床となる部分ができたのです。橋としては、これで一応機能するのです。

橋の床部分ができたのです。

...そんなわけで、橋の床部分ができたのです。両端の高さが違うので、アーチのバランスをとるのがなかなか難しかったのです。

次回は、この橋を装飾して、ある程度『橋らしく』したいのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事

TOP

どろっぴ・ゲームス (Info.)